ソフトバンク光ってどんなネット?評判・料金・キャンペーンまで一挙紹介

ソフトバンク光/評判・料金・キャンペーン

みなさんはインターネット選びの際、会社名で決める場合もあると思います。国内でメジャーなインターネットのほとんどはフレッツ光回線を利用した”光コラボ”と呼ばれる光回線です。その光コラボは現在500を超えるプロバイダ数を誇り、1からネット選びをするのは大変苦労をされると思います。まずは人気の会社から目を通し、気に入ったものを選んでみるのも良いかもしれません。

例えば光コラボのソフトバンク光。CMや宣伝で目にする機会も多く、ネットを知らない人でも名前だけは聞いたことがあると思われる人気の高いインターネットです。

今回はソフトバンク光を知らない人や、ユーザーでも知らなかった・わかりにくいことをまとめてお伝えします。

ソフトバンク光とは?

ソフトバンク光
※画像はソフトバンク公式より引用

「ソフトバンク光」は、携帯電話会社としても知られるソフトバンクの光コラボです。光コラボとは、NTTが2015年にフレッツ光の卸売りを始めた光回線サービスです。フレッツ光を買い受けた会社は通信事業者となり、他業種のさまざまな企業が光コラボに続々と参入しました。

光コラボが始まるまで”ソフトバンク”の名前をプロバイダで聞いたことがないと思われます。それでは、Yahoo!BBというプロバイダ名なら聞いたことがあるのではないでしょうか?Yahoo!BBを運営するYahoo! JAPANは現在ソフトバンクグループです。ソフトバンク光のプロバイダがYahoo!BBということをご存知ない方も多いと思われます。

その証拠に、ソフトバンク光を契約するとYahoo!BBから契約書類が届きます。

WiFiスポット
※画像はソフトバンクより引用

街の至るところでYahoo!のマークや犬のお父さんが見受けられるほどソフトバンク光(Yahoo!BB)は人気のある規模の広いインターネットなのです。

ソフトバンク光では何ができるの?

  • ソフトバンク独自の入会特典
  • スマホ代がお得なおうち割 光セット
  • ソフトバンク同士通話無料の光電話
  • 利用するだけでTポイントが貯まる
  • 1Gbpsの高品質なフレッツ光回線の利用
  • 有線・無線の高速インターネット
  • アンテナ不要の光テレビ

ざっくりとソフトバンク光の特徴・メリットを挙げるとこれらが利用できます。青字部分はソフトバンク光が提供する独自のサービスです。光電話・光テレビは光回線サービスと総称され、フレッツ光ならどこのプロバイダでも同じサービスが受けられます。

ですが、ソフトバンクは携帯電話会社でもあるため、自社で運営している電話回線をソフトバンク光でも使えるようにしているのです。その最たるものが「おうち割」を始めとするソフトバンクの電話サービスです。

ネットではおなじみとなっているネットとスマホのセット割引。ドコモ・auのキャリアだけに及ばず、近年は格安SIMのセット割も続々登場しています。

そのほかにもYahoo!が提携しているTポイントプログラムや他社を圧倒するソフトバンクの入会特典など、ソフトバンク光だけのオリジナル要素が満載です。

詳しくは次からさらに掘り下げて紹介していきますので、興味のある方は順次気になる項目をご参照ください。

ソフトバンク光のおうち割・無料通話サービス

おうち割光セット
※画像はソフトバンクより引用

ソフトバンクと言えばやはりソフトバンク携帯が真っ先に思い浮かぶと思われます。むしろ、ネットはYahoo!スマホはソフトバンクなんて覚え方をされている人もいるかもしれませんね。

おうち割 光セットはソフトバンクだけでなく、ワイモバイルにも対応しています。ワイモバイルではおうち割 光セット(A)という形で、どのスマホからセット割を適用しているか差別化しています。

なお、ソフトバンクを始める際におうち割に加入すると、違約金を割引で還元してくれるおうち割 スタートキャンペーンを実施中です。乗り換えを検討されている方はスマホも同時に変更するとお得です。

ソフトバンク光のおうち割と対象回線

おうち割は10回線まで割引が適用されます。契約者の親族だけでなく、同棲中の恋人・シェアハウスの仲間や遠方の親戚まで家族として認識されるグループ全員が使えるセット割です。また、NURO光ケーブルライン提携のCATVでも提供されています。

おうち割適用条件

  1. ソフトバンク光(またはソフトバンクのネット)
  2. 指定のデータ定額
  3. 光BBユニットと光電話

1と2は当然として、問題なのが3番目。光BBユニットはいわゆる無線LANルーターです。これがなければWiFiにつなぐことができないものです。

光BBユニットはソフトバンクの光回線、電話回線を使うためのツールであり、おうち割の適用条件とされています。インターネットにつなげるだけなら自前でも問題ないのですが、前述の理由のためにほぼ必須のオプションとされています。

  • ウルトラギガモンスター+、ミニモンスター:1,000円割引
  • スマホプランS:500円割引
  • スマホプランM:700円割引
  • スマホプランL:1,000円割引

現在のソフトバンクの定額プランはウルトラギガモンスター+とミニモンスターのみ新規受付がされており、以降のデータ定額はおうち割を1,000円で統一されています。ワイモバイルは3種類のプランで割引が異なります。

後ほど携帯電話料金にも触れますが、おうち割に加入すると毎月の携帯電話料金から上記の割引が適用されます。

また、”ギガモンスターシリーズ”には家族グループを対象にしたみんな家族割+というグループ割引も用意されています。

ギガモンスターが対象のみんな家族割+


※画像はソフトバンクより引用

  2人 3人 4人以上
みんな家族割+ 500円 1,500円 2,000円

“ギガモンスター”には契約した人の回線数に応じた割引のみんな家族割+が用意されています。割引の条件は1人はウルトラギガモンスター+の契約者が含まれていること。ですが、この割引の面白いところはミニモンスターの契約者も回線数にカウントされるポイントです。

最終的に1人でもウルトラギガモンスター+を利用していればOKになるので、ウルトラギガモンスター+×1+ミニモンスター×3でも2,000円の割引が適用されてしまうのです。割引は適用条件に合致している同一の家族割引グループの合算からになります。

電気代もお得なソフトバンクでんき

おうち割電気セット
※画像はソフトバンクより引用

ソフトバンクは自社で再生可能エネルギーとしてソフトバンクでんきの運用も行っています。ソフトバンクでんきは、おうち割に組み込んだセット割プランのおうち割 でんきセットとしても提供されています。

地域にもよりますが、他社電力会社と比較してそこまで安いというわけではありませんが、毎月の電気代1%割引と回線代を1人につき2年間100円割引(3年目以降50円割引)が適用されます。

ソフトバンクとワイモバイル

次にソフトバンクとワイモバイルについて軽く説明します。以下、料金は月額で解説します。

ソフトバンク料金プラン
※画像はソフトバンクより引用

ソフトバンクは料金改定後、通話基本プランに1回5分無料の準定額オプションと24時間無料の定額オプションが基本の通話プランとして採用されています。旧スマ放題ライトとスマ放題の名称が変わっただけで内容は同じです。

  2年契約 2年契約フリープラン 2年契約なし
通話基本プラン 1,500円 1,800円 4,200円

契約解除料:9,500円

2年契約は普通の2年ごとの更新契約。2年契約フリープランは最低利用期間の2年を過ぎればいつ解約しても違約金が発生しない料金プランです。2年契約なしはいつでも解約できますが、料金が約3倍にも跳ね上がるので、あまりおすすめはできません。

準定額オプション 500円
定額オプション 1,500円
ウルトラギガモンスター+ 5,980円
ミニモンスター ~1GB ~2GB ~5GB ~50GB
2,480円 4,480円 5,980円 6,980円

基本通話プランにはWEB使用料300円が含まれているため、基本料金は1,500円と考えてOKです。ソフトバンクの料金は基本通話プランと2種類のデータ定額との合算になります。通話基本プランのみにミニモンスターであれば、3,980円が基本料金となります。

ソフトバンクには学割や機種変更プログラムなどのキャンペーンが行われており、新規は1年目12ヶ月間1,000円割引が適用されます。

ミニモンスターは法人にも対応するようになりましたので、法人契約時に代表名義としておうち割を、データ定額をミニモンスターで契約ということも可能です。

ワイモバイル

ワイモバイル スマホプランS スマホプランM スマホプランL
3GB 9GB 21GB
2,980円 3,980円 5,980円

ワイモバイルはソフトバンクグループのなかでも特殊な子会社です。ワイモバイルの電話回線をブランドとして成り立っており、ワイモバイル(Yahoo!)の独自のサービスとして展開されています。ソフトバンクでいう基本プランとデータ定額がコミコミのシンプルな料金スタイルです。1回5分無料通話もセットなのでお得な格安スマホです。

ソフトバンクと2つの回線を使っているMVNOではない格安スマホという不思議なポジションにつけているワイモバイルは、ソフトバンクグループであって独立した会社という立ち位置にもあります。ワイモバイル同士の無料通話は適用されますが、ソフトバンクとワイモバイル同士の通話には料金が発生します。誤解されやすいポイントなので注意しましょう。

ワイモバイルにも新規割引特典で料金がかなり安くなります。手ごろにスマホデビューするにもうってつけです。

ソフトバンクの3つの電話回線サービスと無料通話

ある意味メインになりそうなのが、ソフトバンクの3つの電話サービスです。ソフトバンクはフレッツ光回線以外に自社の電話回線を運用しています。そのため、通常の光電話とソフトバンクの通話サービスを同時に利用することが可能です。

  工事費 月額料金 通話料金
BBフォン 1,000円~10,000円
転用NTTの番号なら無料
無料 国内:8円/3分
携帯:20円/1分
海外:8円/3分
SB同士通話無料
ホワイト光電話 467円~ 国内:8円/3分
携帯:16円/1分
海外:8円/3分
SB同士通話無料
光電話(N) 500円 国内:8円/3分
携帯:16円/1分~
SB携帯:17.5円/1分~
海外:9円/1分

ソフトバンク側の自社回線で提供される「BBフォン」「ホワイト光電話」、そしてNTTの「光電話(N)」。ソフトバンク同士の無料通話が適用されるのが上記の上2つですが、BBフォンは何と月額無料で使えてしまえます。

その代わり通話料金が最高値というデメリットがありますが、スマホをメインの電話としている場合なら確実にお得な固定電話です。また、ホワイトコール24に加入すればソフトバンクの固定電話と携帯電話同士も24時間無料で使えます。これはNTTの光電話にはない唯一の電話サービスです。

ホワイトコール24への申し込みはショップからのみとなります。ちょっとひと手間掛りますが、無料で加入申し込みができるのでソフトバンクユーザー同士の電話を頻繁に行う人はぜひ申し込みましょう。

ソフトバンク光の初期費用・月額料金

ソフトバンク光
※画像はソフトバンクより引用

ソフトバンク光の特徴を順次追っていきましたが、やはり一番気になるのは料金面と思われます。ぶっちゃけて言うと光コラボはどれも同じです。光コラボ派プロバイダごとに提供されるサービスで差別化され、ユーザーがいかに快適に利用できるかを選ぶものです。

ソフトバンク光の特徴は、これまで紹介してきたサービス以外にもまだまだあります。初期費用・月額料金とともに解説していきます。

乗り換えでキャッシュバックがお得な初期費用

契約事務手数料 3,000円
工事費用 24,000円

他社から違約金を伴う乗り換えをした場合

  1. 最大10万円補償のキャッシュバック(普通為替)
  2. 割引総額工事費相当の月額割引

ソフトバンク光の工事費用は住居タイプにかかわらず統一されています。24,000円は光コラボの平均より割高で、ここだけ見れば他社よりお得とは言えません。

あんしん乗り換えキャンペーン乗り換え新規で2.4万円キャッシュバックキャンペーン

しかし、他社から違約金を伴った乗り換え時は違約金を最大10万円まで補償してくれるあんしん乗り換えキャンペーンが適用されます。

さらにこのキャンペーンは乗り換え工事費無料キャンペーンと併用することができ、他社からの乗り換えで違約金補償と工事費相当のキャッシュバックか月額割引まで適用されます。

通常の新規申し込みでも工事費は最大60回まで分割払いが選べます。ソフトバンク光は乗り換え時のほうがお得なのです。

また、ソフトバンク光では開通工事中はソフトバンクAirを無料で貸し出しする開通前レンタルを行っています。ネットができない時間を作らせず、開通までソフトバンクがサポートしてくれます。

ソフトバンク光は引っ越し時の移転工事費用も無料キャンペーン中ですので、転勤族にも不自由のないおすすめできる光回線です。

光BBユニットはほぼ必須!月額料金はコミで考えよう

  契約期間 月額料金
ホームタイプ 契約期間なし 6,800円
2年契約 5,200円
5年契約 4,700円
ファミリー・ライト 契約期間なし 5,500円~7,200円
2年契約 3,900円~5,600円
ファミリータイプ 契約期間なし 4,900円
2年契約 3,800円

2年契約時の契約解除料:9,500円

ソフトバンク光は2年契約と単年契約のいずれかが選べますが、通常は料金の安い2年契約推奨です。

ファミリー(マンションタイプ)は割引がありませんが、その分の料金をお手ごろにして提供しています。一方のホームタイプ(戸建)は通常契約のほかに定額従量のファミリー・ライトがあります。

光BBユニット 467円 おうち割加入でセット料金500円
Wi-Fiマルチパック 990円

冒頭のおうち割の説明で光BBユニットが必須とお伝えしましたが、おうち割を適用した場合の光BBユニットはセット料金が適用されます。光BBユニット内部には無線LANカードが内蔵されており、WiFiを利用するにはこの無線LANカードが必要となります。そして、光BBユニットを契約するとWi-Fiマルチパックが必ずセット契約としてついてきます。

通常だと有料オプション2つ分の料金が加算されるため、何も知らずに加入してしまうと予想外の料金を取られてしまいます。決して安くないこの料金はおうち割の加入で軽減されます。

光BBユニットはWiFiの最大通信速度1.3Gbpsの高速無線LANです。スマホを利用するうえで快適にネットが楽しめて、しかもデータ通信無制限というメリットがあります。自前で用意するよりも推奨されている光BBユニットの利用をおすすめします。利用する場合は必ずオプション料も含めて計算しておきましょう。

戸建タイプは光テレビでお得な月額料金

話をホームタイプの方に向けると月額5,200円は決して安い料金ではありません。しかし、光テレビと同時に契約することで、5年契約および500円割引が適用されます。

光テレビはNTTのフレッツ・テレビと同じ内容ですが、料金形態や提供先のサービスがフレッツ・テレビと若干異なります。

ソフトバンクだけの割引が使えるソフトバンク光テレビ

ソフトバンクは光テレビサービスをソフトバンク光テレビという名称で提供しています。以下、ソフトバンク光テレビについて解説します。

ホームタイプの料金は通常2年契約5,200円ですが、ソフトバンク光テレビと同時契約で4,700円で利用できます。

テレビ伝送サービス利用料 450円
スカパーJSAT施設利用料 300円

月額660円の内訳にはソフトバンクへとスカパー!の利用料が含まれています。これはフレッツ・テレビで共通している料金です。4Kテレビに対応したことで若干値上がりしています。

テレビ視聴サービス登録料 2,800円/1契約
工事費 ソフトバンク光と同時契約 12,000円
単独工事 16,500円
テレビ伝送工事費 ソフトバンク光と同時契約 4,000円
単独工事費 8,500円

光テレビは光回線とは別に映像を送るための工事が必要になります。テレビ1台につき工事が1回必要なため、光テレビの導入にはそれなりの費用が掛かります。ソフトバンク光では、それらの費用を軽減するための同時契約による工事費や月額料金の割引を実施しています。

光テレビは通常のデジタル放送以外に、別途契約でスカパー!の専門チャンネルが視聴可能になります。

スカパー!基本プラン 3,600円 → 初月1,833円
スカパー!セレクト10 2,600円 → 初月1,833円
スカパー!セレクト5 1,833円
スカパー!プレミアムサービス光 2,600円 → 初月1,833円
チューナー無料

さらにソフトバンク光5年契約加入中で、ソフトバンク光から申し込めばスカパー!セット割でホームタイプがさらに200円割引となります。

チューナー内蔵テレビがあれば、アンテナ要らずでいつでもクリアな映像が見られる光テレビ。ソフトバンク光テレビならお得に光テレビを始められます。

支払いは携帯電話料金とまとめて支払いが楽々

ソフトバンク携帯とソフトバンク光は支払いをひとつにまとめる「まとめて支払い」が可能です。請求をまとめることで支払い状況を把握しやすく、その月の請求日に携帯とネットの料金が合算されます。プロバイダと光回線をまとめる請求版光コラボみたいな感覚です。

ソフトバンク関連のショッピングにもまとめて支払いを利用することができ、Yahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物時の請求もまとめられます。

ソフトバンクではTポイントをポイントプログラムに採用しており、毎月の支払いからTポイントが付与されます。合算請求可能なものはすべてTポイント付与の対象になっているので、Tポイントを上手に貯めるならまとめて支払いがお得です。

Yahoo!のクレジットカード「YJカード」で支払いを済ませれば、通常ポイントのつかないタバコや印紙代からTポイントを付与することも可能です。

ソフトバンク光の世間の評判は?

人気プロバイダのソフトバンク光は利用者が多いので口コミも集まりやすいです。しかし、ネット上の口コミの多くは辛辣なものが多く、好意的な意見のほうが少ない印象を受けます。特に批判対象として上がりやすいポイントが決まっており、悪口としてではない注意点として口コミを見ておくことをおすすめします。

速度が遅い?

これはどのネットでも言えることですが、光回線の理論値と実測値は別物です。建物の構造や利用している機器、または設置している周辺環境にも影響を受けやすくなります。

マンションの場合、多くの建物が接続方式にVDSL方式を採用しており、VDSL方式とLAN方式の2つは最大通信速度100Mbpsまでとなります。共有設備から各部屋に分岐する集合住宅では速度が制限されるため、1Gbpsで使いたいなら直接部屋まで光回線を引き延ばす光配線方式が必須です。

また、ソフトバンク光は光BBユニット以外でつなぐと速度が保証されません。ソフトバンク光から送られてきた機器や付属品を使用し、正しい設定でつなげる必要があります。

光BBユニットはE-WMTA2.3が現在の最新機種です。旧機種はソフトバンク光に連絡をすれば交換してもらえるので、型番が最新型かチェックしておきましょう。

料金が高い?

ソフトバンク光の悪評で多いのが”料金が高い“と言われていることです。これはまず、契約内容の確認を始めるところから対策をします。

公式からの申し込みはすべて自分が任意で行なうものなので、知らない契約を結ぶということはあり得ません。では何が原因かというと、ショップや代理店から申し込んだことが要因として考えられます。

営業電話の場合だと「ソフトバンク光」と名乗ることが多く、ほとんどの人がここで本社と勘違いしてしまいます。ニュースでも聞いたことがあると思いますが、本社を騙る代理店の悪質な勧誘で知らないうちにオプションに加入していたという被害報告が絶えません。

また、ソフトバンクショップはすべての店舗が直営ではありません。その多くが代理店であるため、ソフトバンク光を名乗っていても本社とは限らないのです。代理店すべてが不親切というわけではありませんが、契約者に不利益な加入を迫るケースが少なくありません。

ショップ訪問の際には店舗情報と契約内容の確認をしっかり行っておきましょう。

対応が悪い?

対応が悪いという悪評もソフトバンク光では多く見られる口コミです。これも代理店のケースに当てはまりますが、ソフトバンクだからと言ってすべてが本社カスタマーだとは限らないケースもあります。

カスタマーに繋がりにくい“や”たらいまわしされる“といった状況に陥った場合、チャットサポートを利用することをおすすめします。

ソフトバンクは部署ごとにいくつも窓口が設置されており、部署が違うとそちらに回されることが頻繁に起こります。それを回避し、一発で本命の窓口につなげるならチャットサポートが手っ取り早いのです。

極端なことを言えば、携帯電話専用チャットでソフトバンク光の質問をしたらオペレーターにつないでくれます。これは路頭に迷ったときの最終手段です。繁忙期など混雑しやすい時期に行なうとさらに混雑を招く原因となります。出来る限り自分で調べてどうにもならないときの切り札にしましょう。

また、オペレーターもベテランや経験が浅い人などさまざまです。全員が知識に秀でて熟知しているわけではないということも覚えておきましょう。

ソフトバンク光の注意点

  • おうち割未加入時の料金は高い
  • マンション住まいの通信速度は100Mbpsまで
  • ソフトバンク光がすべて本社・直営とは限らない
  • 契約時の加入オプションに必須というものはない

ソフトバンク光の悪評が多く見られますが、その多くは自衛が可能な範囲です。仕様を把握して加入しておかなくては余計な出費が増えるだけです。

申し込み窓口によっては不要なオプションをつけられがちですが、例え面倒でも契約内容の確認と詳細の説明を徹底的に行っておきましょう。特にソフトバンク光絡みで多いのは有料オプションのトラブルです。光BBユニットはほぼ必須ですが、Yahoo!基本サービスは必須ではありません。必要なければ加入しなくても問題ありません。

Yahoo!基本サービスはMy SoftBankでの的確な認証やメールサービスに必須です。加入しなくても認証自体はできますし、メールはYahoo!JAPANのフリーメールでも代用できます。おうち割に加入すればプレミアム特典が無料で使えるので、無理に加入するようなオプションでもありません。

ソフトバンク光申し込み時は窓口選びを徹底的に精査し契約しましょう。

ソフトバンク光はNEXTからの申し込みがお得!

ソフトバンク光の申し込みは窓口選びが重要です。代理店から申し込むときは会社の評判、条件などをしっかりとチェックしておきましょう。何かとトラブルの多い代理店ですが、ソフトバンク光は代理店からなら公式特典ももらえるメリットがあります。キャッシュバックと公式特典で2度お得なのもソフトバンク光の特徴です。

今回紹介する代理店は株式会社NEXTです。ソフトバンク光の正規代理店であり、数多くの光回線を取り次ぐ実績のある会社です。

ソフトバンク光が人気なのに悪評が多い。利用者が多いサービスでは避けて通れない問題ですが、NEXTには珍しくそういった悪評が聞かれません。代理店はリピーターが付きにくいという特徴があるにせよ、悪評がなさすぎることを不思議に思う人も多いことでしょう。

新規① 35,000円
新規② 30,000円 + 高速無線LANルーター
新規③ Nintendo Switch
転用 15,000円

NEXTは新規、転用どちらにもキャッシュバックが用意されています。仮にNEXTから違約金のある乗り換えをした場合、最大キャッシュバックは総額13,5000円となります。開通前レンタルなども併用できるので、申し込みは公式よりNEXTからが断然お得です。

  1. おうち割に加入していないこと(開通2ヶ月目からOK
  2. 申し込みから6ヶ月以内に開通
  3. 1ヶ月以内に口座振替かクレカ登録
  4. 12ヶ月継続利用
  5. 最短2ヶ月でキャッシュバック

NEXTの特典適用条件はたったこれだけです。有料オプションの加入や長期契約といった制限がなく、ある意味代理店らしさのないお手軽さが魅力です。申し込み時には丁寧な手続き案内が行なわれるので特典のもらい忘れもありません。

ソフトバンク光はなにかと悪い評判が聞かれるネットですが、仕様や契約内容さえキッチリと把握しておけば何も問題はありません。ソフトバンクユーザーに有利な光回線「ソフトバンク光」をみなさんも上手に利用してくださいね。

SoftBank光への申し込みはコチラから