Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/otoku-internet.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ソフトバンク光の乗り換えキャンペーンは解約金を負担してくれる?

今回、この記事ではソフトバンク光に関するお話をしようと思います。インターネット回線の中からソフトバンク光を選ぶことによるメリットが存在します。

そんなメリットの中でも、今回はタイトルの通り、他社の解約違約金をソフトバンク光が負担してくれるというキャンペーンを中心にご紹介していきたいと思います。

ちなみにソフトバンクといえば個人的には、これまで続いてきた白戸家がどうなっちゃうんだろう⁉という感じがするのですがもしかして気になっているのは私だけだったりして…まあそんな話は置いときまして早速本題に入っていきましょう。

ソフトバンク光とは

そもそもソフトバンク光を知らない方もいらっしゃると思うのでかんたんにご説明いたします。

ソフトバンク光というのは、NTT東日本及びNTT西日本の光回線をソフトバンクが利用し、提供をするというものです。

なので品質というのはNTTのものと変わらないと言えます。

はい、これでおわかりいただけたでしょうか?では、キャンペーンの概要についてお話していきたいと思います。

キャンペーンに関する概要

このキャンペーンは「ソフトバンク あんしん乗り換えキャンペーン」という名前になっています。

他社のインターネットサービスからソフトバンク光もしくはSoftbank Airに乗り換えをすると、本来なら発生する違約金や撤去の工事費をソフトバンクがまるまる負担してくれる、というのが今回ご紹介するサービスです。

このキャンペーンは2016年の4月15日からスタートしました。ただし、このキャンペーンが適用されるにはいくつかの条件がありますので一緒に確認してみましょう。

対象となるサービス

確認する前に、キャンペーンの対象となるサービスを確認しておきましょう。

ソフトバンク光とSoftbank Airのこの2つです。
Softbank Airのことを知らない方もいらっしゃると思うのでご紹介したいと思います。

Softbank Air

※ソフトバンク公式サイトより引用

Softbank Airというのは、高速なインターネットサービスを楽しむことのできるインターネットサービスのことを指します。ポケットモンスターのピカチュウがイメージキャラクターをつとめているようです。

このSoftbank Air、ごく普通のインターネットサービスというわけではなく、開封後すぐに電源を入れさえすれば利用できるものなので「ネットに弱いから…」って方にはうってつけのものかと思います。

Softbank AirはWi-Fiが標準装備されているので家族みんなが家中どこでもネットの利用を楽しむことが可能なのです。

対象外について

実はキャンペーンの対象外になってしまう回線が存在するようです。ソフトバンクが提携しているケーブルライン取扱いのCATVの事業者のインターネット回線は対象外のようですので、まずはご自身の回線がどこのものなのか確認してみてください。

キャンペーンの適用条件

  1. 2016年4月15日以降に、新しく「ソフトバンク光」もしく「Softbank Air」に申し込みをしてソフトバンク光の場合は申し込み後180日以内、Softbank Airの場合は申し込み後90日以内に契約を成立させている(課金を開始する)
  2. 上記のサービスを申し込みをする時点で、他社の固定ブロードバンド回線もしくは他社のモバイルブロードバンドを既に利用している

  3. 契約成立月を1ヶ月目と数えて、そこから5ヶ月の末日(以下、締切日)までに、以下の条件を全てクリアしている

    ・他社のサービスを解約するときに発生する違約金および撤去工事費を確認できる証明書のコピーをソフトバンクが指定する「証明書貼付シート」に貼り付け、締め切り日までにソフトバンクの指定する宛先に返送する
    ・他社のサービスを利用していたかどうかわかる情報等を用意する
    ・「ソフトバンク光」もしく「Softbank Air」を利用する
    ・利用料金に関する支払方法の登録を済ませておく
    ・毎月の利用料金を支払いの期日までに入金する(このことが確認される必要があります)

これらが適用される条件となります。

ちょっといろいろあるみたいでよくわからないなあ、なんて思うかもしれませんが、整理すると、

申しこみ→契約・他社のサービスを解約→ソフトバンク光/Softbank Airを利用→書類を作成→送付→解約金に対するキャッシュバック

ざっくりとしたフローですが、だいたいはこのような流れになっていると思います。キャッシュバックを受け取るプロセスに関しては後ほどご説明しますね。

キャンペーンの特典

上の項で説明した条件を見事クリアされると、いよいよソフトバンクから特典を受けることができるということですね。いやー安くなるなら、なるだけありがたいですからね。

条件を満たしたら、他社の違約金それから撤去の工事費を最大でなんと10万円のキャッシュバックを受け取ることができます。このキャッシュバックされるお金は、特典が適用となる確定日の翌月下旬くらいから、確定日の時点で伝えてある住所(送付物受取先住所)に普通為替として発送されます。

さきほど最大10万円のキャッシュバック、と申し上げましたがどれくらい違約金や撤去の工事費がかかるかによって異なってくるようです。次の項で表を使ってご説明いたしますね。

キャッシュバックに関する金額の設定

違約金/撤去工事費の合計 キャッシュバックの金額
¥1~¥5,000 ¥5,000
¥5,001~¥10,000 ¥10,000
¥10,001~¥15,000 ¥15,000
¥15,001~¥20,000 ¥20,000
¥20,001~¥25,000 ¥25,000
¥25,001~¥30,000 ¥30,000
¥30,001~¥35,000 ¥35,000
¥35,001~¥40,000 ¥40,000
¥40,001~¥45,000 ¥45,000
¥45,001~¥50,000 ¥50,000
¥50,001~¥55,000 ¥55,000
¥55,001~¥60,000 ¥60,000
¥60,001~¥65,000 ¥65,000
¥65,001~¥70,000 ¥70,000
¥70,001~¥75,000 ¥75,000
¥75,001~¥80,000 ¥80,000
¥80,001~¥85,000 ¥85,000
¥85,001~¥90,000 ¥90,000
¥90,001~¥95,000 ¥95,000
¥95,001~ ¥100,000

というような具合に、それぞれ5,000円ごとに金額設定されているようです。

ここで気をつけていただきたいのが、他社のモバイルブロードバンド端末に関する料金へのキャッシュバック金額は42,000円までが上限となりますのでご注意ください。

それから他社の固定ブロードバンドから乗り換えをするはずなのに、間違って他社のモバイルブロードバンドに関する証明書を送ってしまうとキャッシュバックを受ける対象外となりますので間違えのないようにお気を付けください。

申し込み~キャッシュバックを受け取るプロセス

―ソフトバンク あんしん乗り換えキャンペーン―

  1. ソフトバンク光 or Softbank Airに申し込みをする
  2. 契約が成立する/課金が開始となる
  3. 証明書を貼り付けたシートをソフトバンクに返送する
  4. キャンペーンの特典が適用可能か確定
  5. 特典を受け取る

このようなプロセスとなっております。意外とシンプルなプロセスだということがわかります。

まとめ

これまでの話をおさらいしますと、ソフトバンクが違約金のキャッシュバックキャンペーンをやっているので他社から乗り換えたい人は安くコストを抑えることができるのです。

乗り換えるために必要なこともいくつか存在しますが、特別難しいものではありません。

おまけに公式サイトには、「本キャンペーンは予告なく終了する場合があります」と書かれているのでネット環境をどうしようか迷っている方は、今キャンペーンをやっているうちにソフトバンクに乗り換えるのがおすすめです。

ただ一口にキャッシュバックといっても、ソフトバンクのキャンペーンは違約金・撤去の工事費の残債に対するキャッシュバックとなります。

おまけ

どうせならもっと安く抑えたい、もしくはもっとキャッシュバックを受けたい…これが人間の真理ではないでしょうか?笑

でしたらソフトバンク光を申し込む際には、代理店サイトからのお申し込みをおすすめします。なぜなら高額なキャッシュバックを受けることができるからです。公式サイトからの申し込みだけが選択肢ではない、と同時にこちらはおすすめなので是非検討してみてくださいね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

SoftBank光への申し込みはコチラから