ニフティ光のIPv6オプションで遅い通信速度は解消される?

ニフティ光/IPv6でスピードアップ

今回は人気プロバイダである@niftyから提供されているニフティ光のご紹介です。

しかし、今回は料金の説明ではなく「IPv6オプション」というサービスについてのご紹介です。

実は最近この「IPv6」というサービスは流行っているんです…というか流行らざるを得ないのですが(笑)

おそらくほとんどの方は「IPv6」て何ぞ?とお思いでしょう。

ということで、今回はニフティ光のオプションサービス「IPv6接続オプション」についてお話していきます!

インターネットを利用する際に知っておいて損はないと思う内容ですので、光回線を検討していない方でもお読みいただけると嬉しいです^^

 

IPv6ってそもそも何?

TCP/IPプロトコル群 抜粋

プロトコル名 内容
HTTP HP閲覧、パソコンとWebサーバーのデータやり取り
SSL 暗号化通信するためのプロトコル
POP3 メールソフトで受信するためのもの
SMTP メールソフトで送信するためのもの
FTP パソコンからサーバーへファイルを転送
TCP 信頼性を重視したデータの送受信をするためのもの。POP3などと組み合わせで使用。
IP データなどを指定されたところまで届けるためのもの

実はIPv6というのは略称なんです。

正式名称は「Internet Protocol version6」つまり、日本語だと「インターネットプロトコルver.6」という感じでしすね。

つまりインターネットプロトコルの第6弾がこのIPv6というわけです。

じゃあインターネットプロトコルとはなんのことってなに?

これは、インターネット上の決まり事のようなものです。(protocolという単語の意味が「約束、決まり事」という意味)

正直この表現でもあまりしっくりこないかと思いますが、説明する際にはこのように言うしかないんです…(笑)

上記の表のようにインターネットプロトコルにはこのようにインターネットを利用する際にサービスごとに使用されているプロトコルが異なります。

おそらく皆さんが多く目にするのはこの中でも「HTTP・IP・SSL」ではないでしょうか?

HTTPとIPはいま皆さんがこのページを見るのに利用しているプロトコルですね。

ではSSLはなに?と思いますよね?

SSLとは暗号化通信のためのプロトコルで、Amazonや楽天などのECサイトでの決済画面などで利用されています。

ちなみにこのページのアドレスは「https://otoku-internet.com/nifty-hikari/800100」というように「http:」となっています。

しかし暗号化通信を行っているページですと「https:」のように「s」が追加されるんです。

これは「SSL」の「s」という意味なんですね~

この「s」がついているページでは比較的安全にネットを利用ことができることが特徴で現在多くのページで利用されています。

まあこのようにプロトコルにはそれぞれ役割が振り分けられており、サービスによって使い分けることでパソコンやスマホ間の共通言語として活用されているんです。

 

いまのIPってIPv4じゃないの?

IPv6の一つ前のバージョンがIPv4です。

たしかにIPv4しか利用できないようなサイトもあったりしますが、実はこのIPv4が直面している問題によってIPv6が登場してくるんです。

というのも現在IPv4では「IPアドレスの枯渇」ということがかなり問題になっているんです。

IPアドレスとは簡単に言うと「インターネット上の住所」です。

例としては「192.168.1.2」のような感じですね。

ICANN
RIR APNIC
※アジアなどのIPアドレスを管理している
NIR JPNIC
※日本国内のIPアドレスを管理している
LIR IPアドレス管理指定事業者
ユーザー

このような流れでIPアドレスは割り振られていきます。

しかし、このIPアドレスが割り振れなくなりそう…ということが問題なんです。

というのもIPv4で利用できるIPアドレスの数は約「43憶個」

普通に考えたら結構多い数かと思われますが、よくよく考えてみてください。

世界の人口っておよそ70憶人ですよね?

そして現在インターネットを利用するのはパソコンだけでなく、タブレットPCやスマホなどインターネットを利用できる機器は増加しています。

また、これからもどんどんそのような機器は出てくるでしょう。

つまり、一人一台どころか一人で何台もインターネットに接続できる機器を持つことが当たり前の時代なんです。

これは世界全体で起こることなので43億個程度では到底足りません…

そこで登場してきたのが「IPv6」なんです!

この「IPv6」ではなんと「340潤」ものIPアドレスを利用することができるんです。

数字にすると「340000000000000000000000000000000000000」。

日常生活ではお目にかかれないですよね(笑)

これだけの数があるのでIPアドレスはまず枯渇しないです。

ということで、IPv6の登場というのはIPアドレスの枯渇を防ぐため、ということが第一としてあることを覚えておきましょう!

ではそれ以外でなにかメリットはあるのでしょうか?

 

IPv6のメリット

SSLが標準実装

こちらは先ほどふれましたよね?

暗号化通信をする際に利用される「SSL」が標準実装になります。

IPv4ではこのSSLはオプションサービスでしたが、IPv6ではこの暗号化通信が元からついているので今までよりも安全にインターネットを利用することができるでしょう。

 

通信速度は速くなる?

現在提供されている光回線の中で、インターネットへの接続方式は大きく分けて3つあります。

①IPv4 PPPoE

IPv6    PPPoE

IPv6 IPoE

こちらの3つです。

IPv4は一つ前のバージョンですので省きましょう。

では、PPPoEとIPoEの違いとは何なのか?

PPPoE:プロバイダと端末の間に速度制限のついた道を作る

IPoE:光回線の上限速度まで制限がない

PPPoEはIPv4でも提供されているように、速度の制限があるサービスです。

たとえるとするなら、最大で100km出せる道路なのに50kmくらいしか出せない道路になってしまう…という感じでしょうか。

しかし、IPoEはずっと高速道路のようなものなので、制限なく利用することができます。

ということで現在提供されている光回線の中ならIPoEを選びたいですね。

 

IPv6接続オプションは有料?

対象コース
(@niftyが提供する接続コース名)
@nifty光 / @nifty光ライフ with フレッツ / @nifty光 with フレッツ / @nifty with ドコモ光 / @nifty光 プロバイダーコース / Bフレッツコース
対象回線
(NTTの接続回線名)
NTT東日本/西日本のフレッツ 光ネクスト回線
その他条件 フレッツ・v6オプションのご契約が必要となります。

(ニフティ光公式HPより引用)

IPv6を利用できるサービスは以上の通りです。

では料金はどうなのでしょう?

初期費用(税抜) 0円
月額費用(税抜) 0円

(ニフティ光公式HPより引用)

なんと、0円なんです!

ご紹介したIPv6のメリットを無料で利用できるのでこのオプションを使わない手はないですね…。

Twitterの声はどう??

今は何でも思っていることをつぶやく時代。ということで、Twitterもチェックしてみましたよ?

IPv6の威力は凄まじいですね✨評判は申し分なしです!

ニフティ光をお得に申し込む?

さて、ここまでニフティ光のオプションサービスである「IPv6接続オプション」についてお話をしてきました。

もし光回線をまだ利用していない方、乗り換えを考えている方にとって耳寄りな、申し込むだけでキャッシュバックがもらえる情報をご紹介したいと思います!

代理店申し込み?

ここで言う代理店申し込みというのは「代理店サイト」からの申し込みを指します。

そして今回ご紹介するのは株式会社NEXT。

こちらの代理店では、新規申し込みで\20000転用申し込みで5,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。


一口メモ ~転用申し込みとは~

転用申し込みとは「現在フレッツ光を利用している方」が対象の申し込みです。

転用申し込みだとキャッシュバック金額は減りますが、使用している光回線が「ニフティ光とフレッツ光で同じ」なので工事が無料(不要)、フレッツ光の違約金がかからないなどのメリットがあります。


また、キャンペーンを適用させるために無駄なオプションに加入することも必要ないので他の代理店と比較しても安心して申し込みをすることができます。

株式会社NEXTのHPへのリンクも載せておきますので、詳細を確認してみたい方はぜひご覧になってみてください!

ニフティ光への申し込みはコチラから

auスマホとセットでお得!

 

さいごに

今回はIPv6接続オプションという一風変わった内容の記事でしたが、いかがでしたか?

意外と知らないことってありますよね(笑)

私も調べるまでは深い知識がなかったのですが、これを知っていると日々のインターネットも安心して利用することができますよね。

また、代理店での申し込みもかなりお得なの申し込みの際はお試し下さい^^

ニフティ光への申し込みはコチラから