Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/otoku-internet.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

光テレビがお得なプロバイダを厳選比較調査!テレビ好きは必見!

ネットを契約しているとオプションで「光テレビ」が見られることをご存知ですか?光回線サービスには「インターネット」以外にも「光電話」、そして「光テレビ」の合計3つが基本サービスとして提供されています。

従来の光テレビはアンテナの電波をキャッチしてテレビに映す必要がありますよね?ところが光テレビはネットと同じ光ファイバー網を通じて、映像を配信することができるサービスなのです!

光テレビについて少し興味が出てきましたか?それでは今回は光テレビについての説明と、おすすめのプロバイダをご紹介します。

インターネットの光回線サービス「光テレビ」

インターネットを使用するには自宅に「光回線」を引く必要があります。ネットを通したデータ通信は光ファイバー網と呼ばれる通信網(ライン)を通り、送受信が行なわれているのはご存知ですよね?データ通信は情報を電気信号に変えて送られているため、電気の通り道として光ファイバー網を利用する必要があります。

光回線のこの仕組みを利用し、映像の情報を電気信号に変えて光ファイバー網を通って自宅に送るサービスが光テレビなのです。同じ要領で光ファイバー網を通して通話を可能にしているのが光電話

インターネットを応用したこれらの総称を光回線サービスと呼んでいます。

光回線サービスを使用するには当然のことながら光回線が必要です。回線を引かなければ光テレビや光電話、そもそものネット自体が使えません。逆に言えば、光回線があればこの3つが使えるということなのです。

光テレビでできること

光テレビでできることは従来のテレビサービスと大きく異なるわけではありません。基本的なサービスはほとんど同じ。わざわざ光回線を通したことでどのような違いがあるのか?それは利用できる環境にメリットが増えることなのです。

  1. アンテナ不要
  2. 電波の影響を受けにくい
アンテナを設置する手間が省ける

テレビを見るために必要だったアンテナの設置が不要になります。集合住宅の場合は設置されているケースがほとんどですが、戸建となると自分たちで用意する必要があります。ところが、光テレビなら映像が光ファイバー網で送られてくるので、わざわざ設置する手間が省けます。

光テレビの映像を配信するには専用の工事も必要となりますが、そちらは業者のほうで行なってくれるので自分でやる必要がありません。

自然の影響を受けにくい

テレビを見るうえで何気に重要なポイントが天候などの自然の影響を受けにくいこと。電波を受信するために必要なアンテナは電波が正常にキャッチされないと正しく映像を映すことができません。天候などの影響を受け、電波の受信が難しいと映像が乱れる可能性が高くなります。

光テレビならパイプで守られている光ファイバー網を通して映像を送っているので、このような自然の影響を受ける恐れがないからいつでもクリアな映像が楽しめます。

ただし、電気である以上は停電時の電気供給が行なわれない非常事態にはテレビやネットそのものが使えなくなるので注意しておきましょう。

答えは単純に映像の電波信号を光回線に載せているだけです。光電話も電話回線を通す通話の信号を光回線に載せているから可能なサービスです。もともと電気を使って信号として送れるサービスのほとんどが光回線に載せられることから、ネット、電話、電話の3つが光回線サービスの基本として成り立つのです。

衛星放送もバッチリ見られる!

光テレビは地上放送だけでなく、衛星放送を見ることも可能です。光テレビの契約にはスカパー!との契約も含まれており、光テレビ導入でBS放送も見られる環境を提供してくれます。

注意点として、衛星放送を見るためにはBS/CS対応のテレビやチューナーの用意、提供エリア内であることが条件に含まれます。4K放送にも対応しているプロバイダも多く、スカパー!のサービスとしてチューナーレンタルも行なっているので専用放送を見たいときは任意で申し込めます。

光テレビ申し込み前の注意点を再確認!

地上波はもちろん、衛星放送や専門番組も好きなときにいつでもクリアな映像で見られるのが光テレビの魅力です。ネットとテレビを楽しめるインターネットの申し込みの前に、覚えておくいくつかの注意点があります。

初期費用が高額

冒頭でも軽く触れていますが、光テレビにはネットの工事費用のほかに光テレビ導入工事が必要です。ネットの工事費用は決して安いものではなく、光テレビを見るためにはさらに光テレビ工事費用も発生します。光テレビを見るためには光回線につないだテレビで見る必要があり、光テレビ対応一台ごとに工事が必要です。

また、光テレビには毎月の伝送料金も掛かるため、ネット代と光テレビ利用料を合わせた料金を支払わなければいけません。専門チャンネルを見る場合にも、スカパー!のプランごとのパック料金や利用料も請求されます。

基本的に戸建住宅専用のサービス

忘れてはいけないのが、光テレビは基本的に戸建て住宅専用のサービスです。映像のデータはネットのデータ通信とは別として送られてくるため、通常のデータと分けて送る必要があります。共用部分を通して各世帯にデータを送る集合住宅とは光回線の仕組みが違います。

どうしてもマンションなどの集合住宅で光テレビを見たい場合、個人的に光回線を引いてくる必要があります。つまり、集合住宅で戸建て住宅のプランとして契約することが条件となります。

それに伴う家のオーナーさんの工事の許可や戸建プランでの工事費用も必要となるので、集合住宅での光テレビの導入は戸建で行なうよりもハードルが高くなります。

光テレビが見られるおすすめプロバイダを紹介!

実はプロバイダによって光回線サービスが3つとも使えるとは限りません。会社によっては取り扱いをしていないプロバイダもあり、”ネットと光電話は使えても光テレビは対象外”なんてケースもあり得ます。

そこで今回、光テレビをご所望の方にリーズナブルでおすすめの光テレビを提供しているプロバイダをご紹介します。

おすすめはこちらの3社!
  初期費用 月額料金 備考
ソフトバンク光 契約料:2,800円
工事費:12,000円~
750円 光回線との同時割引あり
4K対応
コミュファ光 3,000円~ 50円~ 光回線との同時割引あり
4K対応
メガエッグ 10,000円~ 800円 4K対応

光テレビを提供しているこちらのプロバイダ3社が今回のおすすめです。ソフトバンク光は光コラボコミュファ光とメガエッグは地域限定の電力系光回線です。

全国的に展開している光コラボと地域限定の独自回線と異なるサービスの3社ですが、いずれも光テレビの工事費用、ネットの費用に特徴性のあるおすすめのネットです。

なぜこの3社を選んだのか?各社の紹介を見ていけばきっとその理由が分かるはずです。

ソフトバンク光テレビの費用

ソフトバンク光で提供されている光テレビはソフトバンク光テレビという名称です。フレッツ・テレビを基盤としており、ソフトバンク光で提供されているため、名称が異なっています。

基本的なサービスはフレッツ・テレビとおおむね同じですが、ソフトバンク光独自の「ソフトバンク光との同時契約」「5年契約」でネット代の500円割引スカパー!加入でさらに200円割引という光コラボで唯一となるセット割が用意されています。

初期費用 2,800円/1契約
工事費 ソフトバンク光と同時契約 12,000円
単独工事 16,500円
伝送工事費 ソフトバンク光と同時契約 4,000円
単独工事費 8,500円
追加工事費 ソフトバンク光と同時契約 24,000円
単独工事 5,000円/台
4台目以降テレビ接続追加 5,000円/台
月額料金 テレビ伝送サービス利用料 450円
スカパーJSAT施設利用料 300円

ソフトバンク光テレビは公式で事細かに必要な費用が説明されており、開通時の見積もりで計算を立てやすいのが特徴的です。光テレビを始めようとするなら、まずこれだけの費用が掛かることを想定しておく目安となります。

ネットと同時工事と5年契約を結ぶことで工事費、ネット代の割引を行っており、初期費用に余裕があるなら同時工事がおすすめです。光テレビを追加する場合は費用が発生するのでその点も忘れないでおいてくださいね。

ソフトバンク光の費用


※画像はソフトバンク光公式から引用

ソフトバンク光は人気の光コラボです。Yahoo!のコンテンツ特典やソフトバンクとワイモバイルとのセット割「おうち割」が使えます。複雑な契約もなく、シンプルでリーズナブルな料金プランも使いやすい。光テレビとスカパー!で月額が最大700円割引となるのでさらにお得です。

初期費用 事務手数料 3,000円
工事費 24,000円
月額料金 通常 5,200円
5年契約 4,700円
スカパー!セット割 200円割引

ソフトバンク光ではNetflixスポナビなどの動画配信サービスも光テレビとは別に行っており、ソフトバンクの支払いで一括すればTポイントが貯まりやすいのも何気におすすめポイントです。

テレビに限らずスマホやパソコンからでも多彩な動画を楽しめるのも魅力です。

ソフトバンク光に乗り換えで違約金最大10万円補償

現在ソフトバンク光ではあんしん乗り換えキャンペーンを実施しており、他社からソフトバンク光に乗り換えれば違約金を最大10万円、工事費用相当のキャッシュバックが行なわれています。

何かと費用の掛かりやすいネットの乗り換えも、キャンペーンを利用してソフトバンクにおまかせすれば費用をほとんど負担せずにネットを始められます。

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

コミュファ光テレビの費用


※画像はコミュファ光公式サイトから引用

中部地方の静岡、三重、岐阜、愛知、長野で提供されているコミュファ光の光テレビサービスです。コミュファ光はユニークな割引制度を実施しており、光テレビに加入すると「ギガトリプル割」が適用されて実質月額50円で光テレビを始められます。auスマートバリューも使えるので、auユーザーにもおすすめです。

初期費用 通常 18,700円
5年契約 3,000円
3年契約 8,000円
月額料金 通常 460円
ギガトリプル割 50円

さらに3~5年の長期契約を結ぶことで工事費用が大幅減額!光テレビを始めるうえでネックとなっていた工事費用も、このように格段にお手軽となります。

光テレビには最低利用期間アリ!

お手軽となったコミュファ光テレビですが、最低利用期間が設定されています。

契約期間 違約金
2年以内 2年超
3年以内
3年超
4年以内
4年超
5年以内
5年 15,700円 15,700円 8,000円 4,000円
3年 10,700円 6,000円

3年と5年のいずれかの契約期間ごとに違約金が設定されており、初回の契約更新までに解約をした場合は上記の違約金が発生します。ネットの解約をした場合も光テレビも同時に解約となるので、コミュファ光を長期利用することを前提で申し込みましょう。

一部地域限定の提供チャンネルもある
  地デジ BSデジタル CSデジタル BS 4K
コミュファ光テレビ 一部地域

コミュファ光テレビでCS放送を見るにはCS専門チャンネルとの契約が必須です。そのための提供エリアも決まっており、そのほかにも専用のチューナーも必要となるのでご利用の前に要チェックです!

コミュファ光の費用

中部地方限定のコミュファ光は下は30メガからのプランがあり、2018年の12月には国内最速となる10G/5Gのプランが登場しました。

それに伴い、10G/5Gの工事費無料キャンペーンを実施しているので、他社よりも安くで国内最高速のネットを楽しめます。1G以下の通常プランにも安心サポートplusへの加入で工事費無料が適用されます。

初期費用
事務手数料 700円
工事費 通常 25,000円
10G/5G 無料

通常プランでも安心サポートplusへの加入で工事費無料

月額料金 3,950円~5,550円
  • 長トク割 – 長期割引制度(永年)
  • ギガトリプル割 – 光テレビとのセット割(永年)
  • ギガデビュー割 – 初回割引特典(期間アリ)

コミュファ光はユニークな割引が複数あり、少しわかりにくいのが難点です。簡単に説明すると初回割引を除けば長トク割とギガトリプル割のみが解約まで継続される割引です。この2つは年々割引額が減少していきますが、ギガデビュー割が終わったあとも続きます。

乗り換えサポートあり!

コミュファ光にも乗り換えサポートがあり、2019年時点で他社からの乗り換えで最大55,000円の違約金キャッシュバックが支払われます。ただし、指定のプラン・オプションへの加入、アンケートへの回答などの条件があるため、乗り換えのみが条件のソフトバンク光に比べて少し面倒な部分があります。

コミュファ光への申し込みはコチラから

東海エリア顧客満足度No. 1のインターネット「コミュファ光」

メガ・エッグ光テレビの費用


※画像はメガエッグ公式サイトから引用

メガエッグは中国地方の地域限定光回線です。メガエッグの光テレビサービス「メガ・エッグ光テレビ」も工事費用の大幅値下げが行なわれました

メガ・エッグ光テレビ提供エリア
広島市、廿日市市、呉市、安芸郡府中町、海田町、熊野町、坂町の各一部
初期費用 45,000円 → 10,000円
月額料金 800円

メガ・エッグ光テレビは提供エリアが決まっており、月額料金もソフトバンク光テレビ、コミュファ光テレビに比べて少し高いのが難点です。しかし、初期費用が大幅値下げに加えて、後述のネット料金のリニューアルによって月額負担も以前に比べて飛躍的に緩和されています。

メガエッグの費用


※画像はメガエッグ公式サイトから引用

先の項で触れたメガエッグの料金ですが、リニューアルが行なわれたことで光コラボ以上に使いやすく人気の高まっているネットです。auスマートバリューも使えるので、auひかりのない中国地方でもauユーザーにはひと安心です。

初期費用
事務手数料 3,000円
工事費 35,000円
月額料金 4,200円

月額料金は今回紹介する3社最安値となる4,200円!メガエッグは常時この月額料金で使うことができ、何年経っても変わらない安さが魅力です。工事費用は少々お高くなりますが、長く使えば使うほど他社との差を実感できるネットです。

新規加入でキャッシュバックがもらえる!


※画像はメガエッグ公式サイトから引用

メガエッグでは新規申し込み特典を実施しており、新規全員に25,000円の現金キャッシュバックがもらえます。高額な工事費用もキャッシュバックで負担を軽減でき、開通したあとも安いネットで光テレビを始められます。

メガエッグ光への申し込みはコチラから

中国エリア顧客満足度No. 1のインターネット「メガエッグ光」

スカパー!の基本料金もチェック!

光テレビの契約にはネットとは別にスカパー!契約が必要です。現在スカパー!で用意されている基本の料金プランについても解説します。

  基本料金 パック料金
スカパー!基本プラン 390円 3,600円
新規加入で初月1,833円
セレクト10 2,600円
新規加入で初月1,833円
セレクト5 1,833円

スカパー!の料金は基本料金と選んだプランごとの料金で月額を支払います。基本プラン以外には新規加入特典の割引が適用され、初回はいずれも1,833円から利用が可能です。

解約や再入会はいつでも行なうことができ、気になる新作映画やドラマを好きなときに好きなだけ見ることができるサービスです。

auひかりは地上波が見られない!

ここまで光テレビをご紹介してきましたが、もしも他社の光テレビが気になるという人のために一言ご忠告。auひかりの光テレビサービス「auひかりテレビ」では地上波が視聴できません。

auひかりテレビ
月額料金 STB 500円
チャンネル料 634円~

auひかりテレビは専門チャンネル専用のテレビサービスとなっており、地上波放送を見るには別途でアンテナを用意する必要があります。もしもauひかりで光テレビを利用する場合はこの点を忘れずに覚えておいてください。

auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

光テレビサービスのおすすめポイント・プロバイダ比較

おすすめポイント
  • アンテナ不要でテレビが見られる
  • ネットとの同時契約で割引可能
  • 光テレビの工事費割引

光テレビは戸建専用のサービスであることを踏まえ、住宅環境や費用も考慮しておかないといけません。条件を満たしているなら費用の見積もりやプロバイダの特徴から、どこの会社の光テレビを申し込むかの選別を始めましょう。

光テレビの注意点
  • 戸建住宅限定のサービス
  • 提供エリアの制限がある場合もある
  • (割引抜きの場合)初期費用は高額
  • チャンネルごとの料金負担

光テレビにはネット以外の工事費や月額も必要となり、費用の負担もネットだけのときよりも大きくなります。集合住宅住まいの人に光テレビを利用する方法があることはありますが、その場合は手続きや費用も戸建のときよりもずっと増えることを覚えておいてくださいね。

光テレビはプロバイダから考えよう!

光テレビを提供している今回の3社はいずれも光コラボ、独自回線の光回線で人気の高いネットです。最初に説明したように、なぜ今回みなさんにおすすめしたのか理解していただけたでしょうか?光テレビとしてのサービスだけでなく、ネットのサービスも質が高く、使いやすいということも考慮して皆さんにおすすめしています。

それでは3社を比較したおすすめ度をランキングで発表します。

おすすめプロバイダランキング
おすすめ度 ソフトバンク光 コミュファ光 メガエッグ
光テレビ
ネット
総合 2位 1位 3位
申し込み窓口
ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

コミュファ光への申し込みはコチラから

東海エリア顧客満足度No. 1のインターネット「コミュファ光」

メガエッグ光への申し込みはコチラから

中国エリア顧客満足度No. 1のインターネット「メガエッグ光」

光テレビとネットの両面を考えておすすめランキングをつけたものが上記になります。今回3社での総合トップはコミュファ光を推します。

光テレビを中心に考えた紹介をしてきましたが、光テレビを利用するにはネットの導入が必要不可欠です。光テレビを導入するにはその費用も必要ですが、大元となるネットの費用も一番に考えなくてはいけません。

始めるための初期費用が安いことはもちろん、維持費の面でも負担の少ないプロバイダがやはり上位に食い込んできます。メガエッグは月額費用がネットが一番安く、光テレビが一番高いということからバランスの関係上3位にしていますが、コスパの高さでは3社中でも屈指と言えます。

どこに重きを図るかで評価が変わってきますので、今回のこのランキングはひとつの目安として見ていただければ幸いです。独自回線は地域限定となってしまうので、その点も踏まえてご参考にしてください。

ネットの申し込みは代理店がお得!

それぞれ新規特典として違約金サポートや工事費無料、キャッシュバックなどを用意している公式ですが、ここであえて代理店申し込みをおすすめします!

SoftBank光への申し込みはコチラから

なぜなら代理店では高額キャッシュバックが用意されており、なかには公式特典も同時に適用してくれる窓口もあるからです。上の画像でも紹介している株式会社NEXTは「高額キャッシュバック」、「最短2ヶ月振込」、「オプション、キャッシュバック手続き不要」、「公式特典適用」と理想形のおすすめ代理店です。

  1. オプションや条件がない、もしくは限りなく少ない
  2. 現金振り込みが早い(理想は1~2ヶ月)
  3. キャッシュバック手続きが不要
  4. 公式特典がもらえる

代理店選びで重要なのが上記の3点。これらを抑えた代理店から申し込むのが重要です。世の中の代理店は特典が手に入りにくい条件の店舗も少なくありません。せっかくの新規特典をみすみす逃してしまわないように優良代理店を探すことが先決です。

いわゆる悪徳代理店というのが少なくないなか、条件にぴったりと合う代理店探しは困難です。そこで今回最後に、光回線選びの手助けとして株式会社NEXTをおすすめします。

これから光回線を申し込む人はポイントを抑えて損をしないよう、しっかりと初回特典を手にしてくださいね!