フレッツ光は引っ越し時の時にどうすればいい?乗り換えも…?

フレッツ光と言えば、光回線の中でも最大手の光回線サービスですよね。

総契約者数も2017年3月時点で、光回線利用者の中で約7割が利用しているほど。

これは光回線のサービスを始めたのがフレッツ光であったことも影響して、光回線ならフレッツ光というような風潮が生まれてきたからでしょう。

さて、今回の話は現在そんなフレッツ光を利用している方が引っ越しをするとなったとき、どうすればいいのか?というお話です。

もっと具体的に言えば、継続するべきか乗り換えるべきか、というお話ですね。

引っ越しと言えば、ただでさえ手続きや費用がかかります。

もちろんフレッツ光も引っ越しの際に、手続きや費用はかかってしまうんです。

ということで、フレッツ光の引っ越しの際の注意点や手続き、そして継続するべきか乗り換えるべきかをお話していきたいと思います!

 

引っ越しの際にフレッツ光で気を付けること

フレッツ光を始め、多くの光回線では引っ越しの際に「移転手続き」というものが必要になります。

まずはこの「移転手続き」がどのようなものか、どれくらいの費用がかかるのか見ていきたいと思います!

引っ越し時移転手続きの費用は?

戸建てへ引っ越し
(3戸以下の建物)
集合住宅へ引っ越し
(4戸以上の建物)
9,000 7,500

移転工事費は割引適用後の料金です。移転工事の内容によっては割引額及び工事費が異なる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円がかかります(初回にお支払いいただきます)。

年末年始に工事を実施する場合は、料金が異なります。詳しくはお問合せください。

(フレッツ光公式HPより引用)

 

フレッツ光の引っ越し時に行う移転手続きは戸建てか集合住宅かによって、料金が変わってきます。

また、この工事費は※の付いている土日休日、年末年始などで料金が変わったり、配線環境によって工事費が加算されたりします。

そのため、見積もりとしては10000円を超えるくらいと考えたほうがいいでしょう。

引っ越し時移転手続きの注意点

一部サービスが利用できなくなる可能性がある

移転することによって、フレッツ光で利用していたサービスが一部利用できなくなってしまうことがあります。

また、現在利用している機器も交換する必要も出てくる可能性があるので、移転手続きの前には何が利用できて何が利用できなくなるのか、ということを確認しておく必要があるでしょう。

プロバイダが変更になる可能性もある

引っ越しをすることで、現在利用しているプロバイダが引っ越し先で利用できなくなる可能性が出てきます。

現在利用しているプロバイダが利用できなくなった場合、そのプロバイダとは契約を解除しなくてはいけなくなるため、違約金が発生してしまいます。

そこから新しくプロバイダと契約する必要があるので、プロバイダを変更しなくてはならない場合はやや面倒かもしれませんね…

移転手続きの申請はWebか電話で

引っ越し時移転手続きの申請はWebもしくは電話で行います。

フリーダイヤルは0120-116-116で、受付時間はAM9時~PM5時まで。

引っ越し先でフレッツ光が提供されているかどうかの確認もできますので、一度確認してみてもいいと思います。

 

引っ越しでフレッツ光を乗り換える?

では、もう一つのテーマである継続するべきか乗り換えるべきかについて話していきましょう。

そもそも現在フレッツ光を利用している方は、おそらく初めて光回線を利用したあとフレッツ光から乗り換えたことがない方かと思います。

それはおそらく、光回線を乗り換えるのがめんどくさいという理由もあるかと思いますが、一番はほかの光回線を知らないからだと思います。

実は現在フレッツ光のほかにも多くの光回線が登場しているんです。

有名なところだと、auひかり、ソフトバンク光、ビッグローブ光などですね。

auひかりは別ですが、ソフトバンク光とビッグローブ光は実はフレッツ光の光回線を利用していることはご存知でしょうか?

これは光コラボと呼ばれているサービスで、フレッツ光が事業者にフレッツ光の光回線を貸し出すことで、事業者が光回線サービスを提供できるようになるサービスのことです。

なので、これらの光コラボを利用した光コラボ事業者はフレッツ光と同じ品質の光回線、提供エリアで光回線サービスを提供することができます。

でも、ただ光回線の品質が同じだけならフレッツ光となにも変わりません。

しかし!光コラボはフレッツ光よりも月額料金が安い、というのが最大の特徴!

さらにソフトバンク光などは自社ケータイとセットにした割引も行っており、トータルで見るとかなりお得に利用することができるでしょう。

これらのことから、現在フレッツ光を利用している方には引っ越しの際に乗り換えてみることを提案したいです!

乗り換えキャンペーンも行っているので、最後まで見てみてくださいね^^

 

ソフトバンク光

ソフトバンク光はソフトバンクから提供されている光回線です。

そして前述の通り、光コラボを利用した光回線サービスで、光回線自体の品質はフレッツ光となんら変わりません。

では料金はどうなのでしょうか?

ソフトバンク光の料金は安い!

サービス名 戸建て マンション
ソフトバンク光 5200円 3800円

フレッツ光を現在利用している方は驚くのではないでしょうか?

フレッツ光の料金は戸建てで5700円、そしてマンションは4350円です。

さらにフレッツ光ではプロバイダの料金は別払いですよね?

プロバイダの料金は平均で800円ですので、それぞれおよそ6500円、5150円という料金を月々支払う必要があるでしょう。

しかし!ソフトバンク光は表の料金でプロバイダの料金も入っているんです!

そのため、フレッツ光と比較して1000円は安くなりますね。

料金的にはかなりお得です。

ソフトバンク光のキャンペーンは?

ソフトバンク光では乗り換えキャンペーンである「あんしん乗り換えキャンペーン」を始め、多くのキャンペーンを実施しています。

あんしん乗り換えキャンペーンでは、他社で発生した違約金を最大10万円まで負担!
※ただし、フレッツ光の解約違約金は対象外となり、プロバイダの解約違約金はキャッシュバックされます。

さらにキャッシュバックキャンペーンである「秋の2万円キャッシュバックキャンペーン」や工事費が実質無料になる「回線工事費無料キャンペーン」などキャンペーンが豊富です!

詳しいキャンペーンの詳細はこちらの記事で解説していますのでご一読ください^^

ソフトバンク光のキャンペーン一覧!さらに代理店キャンペーンも!

また、代理店で申し込むことでキャッシュバックを受け取ることができるキャンペーンも実施しています!

新規申し込みで35,000円を受け取ることができるので、かなりお得です^^

SoftBank光への申し込みはコチラから

auひかり

auひかりは光コラボではなく、KDDIが独自に開発した光回線を使用しています。

そのため、一部では「フレッツ光より速度が速いのでは?」という噂も流れているんです。

そんなauひかりも料金から見ていきましょう!

auひかりの料金はソフトバンク光よりも安い!

サービス名 戸建て マンション
auひかり 5100円 3800円

マンションの料金こそ変わりませんが、戸建ての料金はこの段階で100円安いです。

さらにauひかりでは3年自動更新プランである「ずっとギガ得プラン」に加入することで3年間1年ごとに100円の割引を受けることができます。

そのため、最大で4900円まで料金を下げることができるのでこの料金はソフトバンク光と比較して300円も安いですね。

フレッツ光と比較するとおよそ1500円ほど差があります。

もちろんauひかりもプロバイダ料金は含まれているのでご安心を^^

auひかりのキャンペーン

auひかりでもソフトバンク光に負けじとキャンペーンを多く実施しています。

auひかりの乗り換えキャンペーンは「auスタートサポート」。

最大30000円、他社で発生した違約金を負担してくれるキャンペーンとなっています。

また、auスタートサポートにはケータイごとauに乗り換えることで、ケータイ1台ごとに10260円の割引を行ってくれる割引も付いています。(ソフトバンク光でもありますが…)

auひかりのキャンペーン一覧!代理店キャンペーンとも併用できる?

また、いまなら代理店申し込みで45,000円のキャッシュバックも行っているので一度ご覧になってみてください^^

auひかりへの申し込みはコチラから

 

さいごに

今回はフレッツ光は引っ越しの際にどうするべきか?というお話でした。

やはりフレッツ光を利用している方なら、これを機に光コラボやほかの光回線に乗り換えることをおすすめしたいです。

料金はもちろんのこと、乗り換えキャンペーンで違約金も負担してくれますし、なにより代理店申し込みでキャッシュバックを受け取ることができます。

今回ご紹介した代理店NEXTはそれぞれソフトバンク・KDDIから表彰を受けるほどの代理店ですので安心もできます。

申し込みの際にはぜひ利用してみてください^^