コミュファ光でauスマートバリュー?!料金がぐっとお安く!!

 

コミュファ光と言えば、中部地方限定で提供されている光回線です。

光回線と言えば、フレッツ光やそれに関係する光コラボ、auひかりが有名ですよね?

これらは主に全国を対象としており、とくにフレッツ光は驚異のエリアカバー率を誇っています。

しかし、この地方限定の光回線はフレッツ光と比較しても遜色ないほどのサービスを提供しているのです。

今回ご紹介するのは、なんとこのコミュファ光でもauスマートバリューが適用できる!ということから始まり、さまざまな情報を提供できたらいいな、と思っています。

 

まず、コミュファ光って?

本題のauスマートバリューに入る前に少しだけコミュファ光の基本的な情報を知っておきましょう!

コミュファ光とは、先ほども触れたように中部地方限定の光回線です。

提供エリアとしては「愛知県・岐阜県・三重県・静岡県」の四県で、顧客満足度の高さや速度に関しても評価が高い人気の光回線です。

コミュファ光の料金は?

コミュファ光の料金を説明するにあたり、光回線事業者の中で最大手であるフレッツ光の料金と比較していきたいと思います。

フレッツ光の料金がこちら↓

サービス名 戸建て

集合住宅

プランミニ プラン1
フレッツ光(東日本) 5700円 4350円 3750円
フレッツ光(西日本) 5400円 4500円 3700円

コミュファ光の料金がこちら↓

サービス名 戸建て 集合住宅
コミュファ光 1G:5,072円
300M:4,595円
30M:3,801円
3,900円

戸建て・集合住宅ともにフレッツ光よりもだいぶお安くなっていることがお分かりになりますでしょうか?

とくに、戸建てタイプでは500円以上も料金が安くなっているので、フレッツ光からコミュファ光に変えるだけで年間6000円もお得になります。

さらに、通信速度によってもプランを変更できるところもいいところですね。

では、速度はどうなのでしょうか?

 

コミュファ光の速度

先に数字を出してしまうと、1Gbpsが最大の速度です。

これは現在大半の光回線事業者がこの速度となっています。

しかし、みんな同じ最大1Gbpsの速度であるのにも関わらず、「あの光回線は遅い」逆に「あの光回線は速い」というような噂を聞いたことはないでしょうか?

これは簡単にいうと、

  • 契約者数の問題
  • 利用者自身の設備の問題
  • 時間帯の問題

が挙げられます。

知っておいて損はないので少しだけお話します。

①契約者数の問題

…これはフレッツ光よりもauひかりの方が速度が速い、という噂を耳にしてauに問い合わせて見た結果です。現在トップシェアを誇るフレッツ光は光回線利用者の7割以上がフレッツ光という状態です。その結果、光回線自体は共有されて(最大人数は32人)各々に分配されるものですので、共有人数が多いとそれだけ回線は混み合い通信速度は遅くなってしまいます。

ということは、総契約者数が多いほど共有される人数が少なくなる確率の方が高いですよね?

なので、総契約者数が多いほど通信速度が遅くなる確率が高くなる、と言えるでしょう。

 

②利用者自身の設備の問題

…これは、集合住宅によくあるお話です。

光回線を集合住宅に引くとなるとその後集合住宅内でそれを共有する必要があります。

この共有される際に使用される回線の設備が問題になることが多く、実際に経験した話によると共有するための回線の最大速度が250Mbpsしかなかったということがありました。

ということは、いくら1Gbpsの光回線を引いてきたとしても共有されるのは集合住宅の最大速度である250Mbpsとなってしまいます。

ここからさらに集合住宅の戸数に応じた分配がなされるため、25戸数あったとしたら10Mbpsほどしか速度が出ないことになります。

なので、集合住宅にお住いの方はご自分の利用環境を見てみるといいかもしれません。

 

③時間帯の問題

…これは①と同じ理由です。

共有される人数の問題で通信速度が遅くなります。

というのも、回線が混雑する時間というものがあり多くの方が家にいてインターネットを利用する夜間(コアタイムという)がとても混雑します。

これは正月にメールが送信しづらいというのと同じような現象です。

光回線事業者によっては追加料金を払うことでこの混雑を避ける方法もあるみたいです。

 

ということが速度を決めるいおいて重要な要因ですので、ぜひとも覚えておいてください^^

 

auスマートバリューの適用

ようやく本題に入ります!

でも、そもそもなぜauスマートバリューが適用できるのでしょうか?

実はこのコミュファ光はauの親会社であるKDDI系列の中部テレコミュニケーションが提供しているのです!

そして、冒頭でもふれたようにフレッツ光は高いエリアカバー率ですが、auひかりは適用できなエリアもまだ多いそうです…

でもそうすると、auスマートバリューの条件である「auスマホ+auひかり」のauスマホは契約できてもauひかりが契約できない、というかわいそうな状況が生まれてしまいますよね?

そこで!KDDI系列であるコミュファ光でもauスマートバリューの適用を始めることによってauひかりを申し込めない地域の方でも申し込みやすくなったというわけです。

それでは、auスマートバリューの内容を見てみましょう!

auスマートバリューの内容

LTEフラット・データ定額プラン

2年間

3年目~

データ定額10・13G

2,000

934

データ定額5・8・LTEフラット/U18データ定額20

1,410

934

データ定額2・3G

934

934

データ定額1G

934

500

auピタットプラン※スーパーカケホ

永年

~1・2G

500

~3・5G、5~20G

1000

 

LTEフラット・データ定額プラン

…こちらは基本的なプランです。利用者が決めたデータ量を上限としてそれまで自由に使用ができますが、上限を超えると速度制限が掛かってしまうというものですね。

一番利用者の多いLTEフラットプランで1410円/月の割引が二年間適用されます。

年目以降も934円/月の割引がずっとありますので、割引がなくなることはありません。

 

auピタットプラン

…こちらは最近auが新しく出したプランです。利用者が決めたデータ量を上限とするのは同じなのですが、月々の支払い料金は上限のうち使用したデータ量分だけでよいのです。

なので、月によってデータ消費がまばらな方に向けたプランと言えるでしょう。

こちらは表のとおり500円/月もしくは1000円/月の割引が契約した翌月からずっと適用されます。

 

 

適用条件

適用条件ってホームページだと見づらいですよね…

なので、箇条書きにしてポイントを押さえていきますので参考にしてください!

①コミュファ光とauスマホの契約者が同じ苗字、同じ住所であること

…大半の方はこの条件を満たしているのではないでしょうか?

念のため、例外も見ていきましょう!

※50歳以上の家族であれば、同じ住所に住んでいなくても適用が可能

※五台以上適用する場合や同じ住所に住む別の苗字の家族でも所定の書類を提出すれば、適用が可能

この例外も含めると、この条件はまったく厳しいものではありませんよね?

 

②auスマホでの対象プランに加入していること

…こちらは上記の表のプランに申し込んでいる必要があるということです。

これは言うまでもなかったかもしれませんね(笑)

 

以上がauスマートバリューをコミュファ光で適用させる際の条件となります。

 

auスマートバリューの申し込み方法

auひかりであれば、インターネットや電話でauスマートバリューの適用を申し込むことができます。

しかし、コミュファ光の場合はauショップに出向かなければいけません。

申し込みに必要な書類はこのようになっています。

ご名義人 ご本人さま確認書類
個人 運転免許証
(公安委員会発行のもの。国際免許証を除く)
運転経歴証明書
(顔写真があるもの)
パスポート(日本国旅券)
身体障がい者手帳または療育手帳または精神障がい者保健福祉手帳
特別永住者証明書
在留カード
(在留期限まで90日未満の場合は、毎月料金のお支払い方法が契約者ご本人名義のクレジットカードに限り、お申し込みいただけます。
住居地が「未定(届出後裏面に記載)」と表記されている場合は、別途、下記に記載の[補助書類]が必要となります。)
+外国発行パスポート
個人番号カード
住民基本台帳カード 
(顔写真があるもの)
健康保険証 
未成年 上記ご本人さま確認書類
(「健康保険証+学生証」でも可。小学生以下の場合は「健康保険証」のみでも可。)
+親権者同意書/フィルタリングサービス申出書
(親権者が自署・捺印したものに限ります)
+親権者のご本人さま確認書類
(個人「ご本人さま確認書類」に準じる。但し、「ご本人さま確認書類が「在留カード」の場合、「外国発行パスポート」は不要です。) 

  • ※必ず親権者同伴でご来店ください。
  • ※契約者の方が小学生以下の場合、親権者名義での契約となります。

親権者同意書およびフィルタリングサービス申出書

法人 登記簿謄本または印鑑証明書
(発効日より3カ月以内)
+来店者のご本人確認書類
(個人「ご本人さま確認書類」に準じる)
+社員証または名刺

また、先ほど説明した別の苗字の家族の場合などは、上のいずれかと下の補助書類のいずれかを用意する必要があります。

補助書類 ご注意
公共料金領収証

現住所が記載された発行日から3カ月以内のもの(電気・都市ガス・水道など)

  • ※ご本人さま確認書類に記載の住所と現在お住まいの住所が異なる場合で公共料金領収証をお持ちいただく場合は、領収書の宛名はご本人さま宛に限ります。
住民票

発行日より3カ月以内で、現住所が記載されているもの

  • ※ご本人さま確認書類が住民基本台帳カードの場合は住民票を補助書類としてご利用いただけません。
届出避難場所証明書 発行日より3カ月以内で、現住所が記載されているもの

以上が申し込みについての諸注意です。

 

 

さいごに

auスマートバリューの適用をコミュファ光でも行えるというのはだいぶ嬉しいですよね?

ただでさえ、料金がお安いのにさらにお安くなるのでauユーザーの方は絶対コミュファ光の方がおすすめです!

ちなみに、現在コミュファ光ではキャッシュバックキャンペーンを行っています。

?コミュファ光のお得なキャンペーン一覧はコチラ

更に、公式サイトではなく、代理店サイトで申し込むと最大で30,000円のキャッシュバックを行っているので、今ならとてもお得に申し込みができます!

こちらから確認もできるので是非とも一度ご覧になってみてください^^

コミュファ光への申し込みはコチラから