光回線とは?各社の比較とおすすめをランキングで発表します!

自宅にインターネット環境はありますでしょうか?

大半の方は「イエス」と答えるでしょう。

総務省の調査によると、2015年時点でパソコンの普及率は76.8%という数字を出しています。

さらに二年後の現在では、スマホの普及も相まってインターネットを利用する機会は増えてきているのではないでしょうか?

そんななか、インターネットに接続する方法も変わってきており、現在では光回線が主流となっているのです。

今回お話するのは、

  • 光回線の概要
  • 光回線事業者の比較

この二点に焦点を当てたものです。

ランキングも発表するので、ぜひとも最後までごらんください。

 

 

光回線っていったいなんなの?

光回線と聞いても、そもそもそれがどういうものかわからない…という方もいらっしゃいますよね?

なので、まずは光回線のほかにどのような接続方式があるのか見てみましょう!

インターネットの接続方法

インターネットに接続する方法はたくさんあります!

①光回線

…これは前述の通り、現在最も主流な接続方法です。

これは光ファイバーケーブルを利用したもので、距離・障害物による影響がほとんどないくらいの安定性、そしてなんといっても平均して80~100Mbpsの通信速度を誇ります。これは数ある接続方法の中でも群を抜いてトップの通信速度です。

 

②ADSL

…これは光回線が登場するまでは一番主流であった接続方式で、固定電話の回線を利用してインターネットに接続する方法です。

平均して40Mbpsほどの通信速度が出ますが、光回線と比較すると通信速度は遅いです。さらに距離・障害物による影響を受けてしまうのも欠点です。

 

③高速モバイル通信

…これは無線での通信で、例を挙げるとすればWi-Fiルーターやスマホなどです。最近ではADSLと比較しても引けを取らない通信速度を出している事業者も多いそうです。持ち運びが楽なメリットもありますが、やはり通信速度の面がネックです。

 

④CATV

…これはケーブルテレビの回線を利用した接続方法です。

ケーブルテレビの回線だけでは通信速度があまり出ませんが、「光ハイブリッド」というケーブルテレビの回線に光回線の技術を少し加えたものが最近登場しており、こちらは光回線と比較しても同等なくらいの速度が出るそうですが、純粋に光回線を利用したほうが品質・速度ともに上なのでケーブルテレビも見たい!という方にはおすすめかもしれません。

 

このように、大きく分けて四種類の接続方法があります。

しかし、前述のように光回線を利用している方がほとんどで、多くの方は品質・速度を求めているのでしょう。

では、光回線に絞り込んだとしてどのような事業者があるのでしょうか?

光回線の事業者だけでも大きく分けて四種類に分類できますので、そちらも見てみましょう!

 

光回線事業者の分類

①フレッツ光

…フレッツ光は光回線の利用者の中で7割以上がフレッツ光を利用しているほどのトップシェア事業者です。もちろん品質や速度はトップクラスで、最大で1Gbpsの通信が可能となっています。しかし、以前はキャッシュバックキャンペーンなどが豊富でしたが最近はそのようなお得なキャンペーンが激減してしまいました…。

 

②光コラボ

…これは①のフレッツ光が新しく提案する個人向けの光回線サービスです。

フレッツ光のキャンペーンが激減してしまったのも、この光コラボに個人向けのサービスを移行したい、というフレッツ光の考えがあるそうです。

もちろん、品質や速度はフレッツ光と変わりません。

さらに、料金もお安くなっているため光コラボとの契約が大変お得になっています。

例としては、ソフトバンク光、ビッグローブ光、ドコモ光、So-net光などがこの光コラボにあたります。

 

③auひかり

…フレッツ光がNTT東日本・西日本が運営するのに対し、auひかりはauの親会社であるKDDIが運営する光回線サービスです。

後で詳しくお話しますが、このauひかりはフレッツ光よりも通信速度が速いのではないか?という噂もあるほど、通信速度に定評があります。

また、キャッシュバックキャンペーンが充実していることもあり、現在はフレッツ光に次いで二番目のシェアを誇る光回線事業者です。

 

④その他電力会社

…こちらはおもに地方の電力会社が行っている光回線サービスです。

実はエリアによってauひかりが通っていない地域があったりします。

そのようなときに電力会社系の光回線は通っている、ということもままあるのでそのようなときはこちらのサービスを利用するといいでしょう。

例としては、四国限定ののピカラ光、中部地方限定のコミュファ光、中国地方限定のメガエッグなどが挙げられます。

 

光回線事業者の分類をすると、このような分類ができます。

この中でも特におすすめしたいのが「auひかり」と「光コラボ」です。

ではなぜおすすめなのか?

 

auひかりと光コラボ

やはり、フレッツ光と同等の品質・速度を誇りながらもフレッツ光よりもお安く利用できる光コラボ、そしてフレッツ光よりも通信速度が速いと噂のauひかりをおすすめしたいです。

しかし、この二つにはある共通店があります。

それが「セット割」です。

というのも、光コラボのサービス内容としてはフレッツ光の光回線を事業者が購入して、そこに事業者独自のサービスを付加して提供するというものです。

例を出すと、ソフトバンク光やビッグローブ光などがあります。

ソフトバンク光ではソフトバンクスマホとセットで割引が適用される「おうち割」など多くの光コラボ事業者は自社商品とセットにした割引を行っているのです。

そして、auひかりでもCMでも有名な「auスマートバリュー」と呼ばれる割引を行っており、これもauスマホとauひかりをセットにした割引です。

 

このような割引がなぜ多いのかは皆さんお分かりになりますよね?

そう、スマホの普及です。

数年前に比べたらスマホの利用者は格段に増えていき、年々利用者は増えています。

そんなスマホユーザーの方のお悩みとしては「速度制限」が一番気になるところではないでしょうか?

実は、速度制限を回避するには自宅に光回線を引く、という手が有効なのです。

というのも、光回線を自宅に引くと自宅にWi-Fi環境を構築することができ自宅にいる人ならだれでもWi-Fiを利用することができます。

さらに、Wi-Fiルーターと異なり利用制限がないのでいくらでも使用ができるというのが強みです。

なので、データ消費の激しいアプリや動画を自宅でダウンロードして外出先でそれらを楽しむことによってデータ消費を抑える、といった方法も取ることができます。

このような背景もあり、スマホと光回線をセットにした割引が多くなっています。

しかも、この光コラボとauひかりでは月額料金もフレッツ光よりずっと安いので本当におすすめしたいです。

 

おすすめ光回線ランキング

では、ランキング形式で光回線のランキングを発表していきましょう!

と、その前に各社の料金を見てみましょう。

まずフレッツ光の料金がこちら↓

 
サービス名 戸建て 集合住宅
プランミニ プラン1
フレッツ光(東日本) 5700円 4350円 3750円

 

各事業者の料金がこちら↓

サービス名 戸建て 集合住宅
ソフトバンク光 5200円 3800円
So-net光 5200円 4100円
ビッグローブ光 4980円 3980円
@nifty光 5200円 3980円
auひかり 5100円 3800円

どうでしょう?フレッツヒ光よりも500円ほどお安いことが見て取れますよね?

そして、お気づきの方もいるかと思いますが赤文字のところが私のおすすめ事業者です。

では、ランキングを発表しましょう!

 

第一位 auひかり

auひかりの料金は戸建てで5100円/月、集合住宅で3800円/月と上記の表の中でもトップクラスにお安いです。

さらに、戸建てタイプでは三年まで一年ごとに100円/月割引されるため、4900円/月で利用することができるようになります。

さらに、auひかりの通信速度もおすすめしたい理由の一つです。

先ほど少し触れましたが、詳しく説明すると「総契約者数がauひかりよりもフレッツ光の方が多い」ことが原因で、回線を共有する絶対数がauひかりの方が少ないため、フレッツ光よりも速い通信ができる確率が高い、ということです。

もちろんシェアが逆転すれば逆の結果になるかもしれません。

そして、これも先ほどふれましたがauでは最大45,000円の高額なキャッシュバックキャンペーンを行っているため今申し込むととてもお得です。

これは他社と比較しても高額なキャッシュバックとなっています。

また、auではauスマートバリューというとてもお得な割引もあるのです…ということで料金・速度面を考慮してもともに一番おすすめなのはこのauひかり!

詳しいキャッシュバックの情報はNEXT auひかりに記載されているので是非ともご覧ください。

auひかりへの申し込みはコチラから

 

第二位ソフトバンク光

ソフトバンク光の料金は、戸建てで5200円/月、集合住宅で3800円/月となっています。

こちらもトップクラスに安いですがauひかりよりは100円ほど戸建ての料金が高くなっていますね…

通信速度は光コラボ事業者のためフレッツ光と同等の速度で通信を行うことができます。

おうち割などのセット割も充実しているため、ソフトバンクユーザーの方にはおすすめしたいです。

また、ソフトバンク光もお得なキャンペーンを行っており、最大で35,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

auひかりと比較して、料金面では同等ですがキャッシュバック額でauに引けを取ってしまう印象があったので第二位にさせていただきます!

詳しいキャッシュバックの情報はNEXT ソフトバンク光

SoftBank光への申し込みはコチラから

 

第三位ビッグローブ光

ビッグローブ光の料金は、戸建てで4980円/月、集合住宅で3980円/月戸建てでは最安値となっています。

また、セット割としても格安SIMとのセット割がありますので料金をとにかく抑えたい、という方にはとてもおすすめしたい事業者です。

もちろんビッグローブ光もキャッシュバックを行っており、最大で33,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

とにかくお安くしたい方はおすすめです。

上位二社と比較しても月額料金は安く、キャッシュバックもあるのですがビッグローブ独自のセット割に関して二社と比較するとややお得感は少ない印象です…第三位!

キャッシュバックの詳しい情報はNEXT ビッグローブ光

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

 

 

さいごに

ここまで、詳しくインターネットの種類や方法を説明してきましたが、やはり一番お得で快適なのは光回線でしょう。

もしいま悩んでいる方がいらっしゃいましたら、キャッシュバックも含めてランキングでご紹介した三社は自信を持っておすすめできる事業者です。

もちろん、ご自身にあったプランを行っている事業者を選ぶのが大切だと思いますので、判断材料の一つになれば嬉しいです^^