Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/otoku-internet.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ネット回線選びで迷ってるの?料金で比較するならココでしょ!

新居のネット回線は、どこのキャリアを契約すればお得になるのか?携帯販売員だった私が、ネット回線を徹底比較します!

回線選びのポイント!

はじめての一人暮らし。新居のネットを開設したいけれど、何を選んだらいいんだろう・・・。ソフトバンクやau、ドコモがインターネット回線のCMをやっているけれど、いまいちどんな料金プランなのかピンとこない。それにプロバイダだって沢山あるから、迷ってしまいますよね。回線を選ぶにあたって、比較しなければならないポイントは大きく三つあります。

1.回線の種類

インターネット回線は、大きく分けて3つあります。

  • 光回線
  • ADSL
  • ケーブルテレビ
  • モバイルルーター(ポケットWi-Fi)
  • 自宅用Wi-Fiルーター(置くだけタイプ)

ネット回線は光を使え!

光回線とは、光ファイバーケーブルを使った通信回線のこと。光ファイバーケーブルをご覧になったことはありますか?髪の毛一本より細いガラスの糸があって、その中を光の信号が通ります。光は電気より伝わるのが早く、メタル回線と違ってノイズに邪魔されません。この方式だと、一度に大量の情報を早く伝えることができ、どこでも安定した通信が期待できます。

現在の主流です。

●ADSL

ADSLは固定電話のメタル回線を使った通信回線で、今から10年ほど前に最も普及していた方式です。古い通信方式ということもあり、料金は安く設定されていますが、今から新規で申し込む人はほとんどいません。通信速度が光回線の1/20ほどしか出ず、基地局との距離に比例して遅くなります。加えてノイズに弱いというデメリットがあり、安定した通信は期待できません。

●ケーブルテレビ(CATV)

ケーブルテレビ(CATV)は、JCOM等の地域のケーブルテレビの回線を利用した通信方式で、ケーブルテレビを契約する際にセットでお勧めされることが多いです。通信速度は光回線の1/6の速さしか出ません。ケーブルテレビはあくまでもテレビサービスに重点を置いているため、インターネットはオマケのようなものです。

●モバイルルーター

モバイルルーターは、持ち運び可能な小型のWi-Fiルーターです。携帯キャリアの電波を拾って、Wi-Fiの電波を飛ばしてくれます。これがあれば出先でもパソコンをネットに繋げることができます。しかし、あくまで持ち運びを想定した通信端末ですから、自宅の固定回線の通信速度と安定性にはかないません。キャリアによっては使い放題の通信プランを設けているところもありますが、三日間で2GB以上などの大量の通信を行うと制限がかかってしまいます。

そして一番のデメリットは、対応するエリアが限られていること。大都市圏でしか電波を拾ってくれません。地方に行くとまず使えないと考えてよいでしょう。これも基地局からの距離に応じて、通信が遅くなりがちです。

●自宅用WiFiルーター

また、モバイルルーターの固定版が、置くだけタイプの自宅用Wi-Fiルーターです。中でも最も有名なのは、Softbank Airでしょう。auも、auスマートポートという機器を出しています。

メリット・デメリットはモバイルルーターとほぼ同じ。ただし、一度に接続できる端末がモバイルルーターでは10に対し、自宅用Wi-Fiルーターでは20と格段に増えています。ただ、割引を適用しても月額使用料がほぼ固定回線と変わらないため、同じ値段で早くて安定した回線を契約するなら光回線がよいでしょう。

以上の五つを比べてみると、ネット回線は光回線がもっともメリットが大きいことが分かります。

  auひかり ADSL ケーブル回線(JCOM) モバイルルーター(WiMax2+) auスマートポート

通信速度(下り)

1Gbps(1000Mbps) 50Mbps 320Mbps(160Mbps) 708Mbps 440Mbps
通信速度(上り) 1Gbps(1000Mbps) 5Mbps 10Mbps 75Mbps  

※ここに挙げた通信速度は、あくまで 理論上の最大値です。特にモバイルルーターは携帯電話と同じで、場所によって大きく速度が変わってきます。

 

結論:ネット回線は光で決まり!

比べてみると、速さや安定性、提供範囲の広さで、光回線に軍配が上がりますね。

 

2.回線事業者

インターネット回線を提供する事業者のことを回線事業者といいます。携帯の主要3キャリアが挙げられますね。

それでは、各キャリアの料金を比べてみましょう。

プロバイダシェア率の高い大手回線会社の中で、料金の安いものから順に6つ挙げます。

  戸建て マンション
ドコモ光 5200円 4000円
ソフトバンク光 5200円 3800円
auひかり 1年目:5100円
2年目:5000円
3年~:4900円
3800円
BIGLOBE光 5180円 4080円
So-net光 5200円 4100円
OCN光 5100円 3600円

各キャリアの料金を比較すると、戸建で5000円弱、マンションで4000円前後の料金設定となっていることが分かります。この値段は単独契約の場合で、携帯電話や固定電話とセットの場合、さらに割引があります。また、au光などは使用期間に応じての割引もあります。

auひかりが一番お得

こうして各社の料金だけ見てみると、au光に軍配が上がりますね。

では反対に、最も高いネット回線はどこでしょう。

  戸建 マンション
フレッツ光 6000円前後 4000円前後

実は、おなじみのフレッツ光が最も割高なのです。

日本で最も加入者数の多い回線は、NTTのフレッツ光。あなたの自宅の回線も、フレッツ光かもしれません。

特に戸建の場合、携帯キャリアなどの回線と比較してみると、一年間で12000円以上損してしまうことも・・・。

この機会に自宅のネット料金を見直してみてはいかがでしょうか。

 

工事費は気にしなくてOK

次に気になるのが工事費。だいたいどのキャリアも1万5千〜2万5千くらいかかりますが、キャンペーンで無料になる場合が多いです。

また後述しますが、フレッツ光を契約中であれば、ソフトバンクやドコモ光なら工事費は一切かかりません。

基本的に工事費は考えなくて大丈夫です。

 

  新規工事料 割引額 事務手数料(新規)
ドコモ光

18000円(戸建)

15000円(マンション)

18000円(戸建)

15000円(マンション)

3000円
ソフトバンク光

2000円(立会工事なし)

※引越しの場合は不要

代理店ごとにキャッシュバックあり(最大30000円) 3000円
auひかり

37500円(戸建)

30,000円(マンション)

37500円(戸建)

30000円(マンション)

3000円
BIGLOBE光

30000円(戸建)

27000円(マンション)

30000円(戸建)

27000円(マンション)

3000円(最大)
So-net光

24000円

24000円

800円
OCN光

18000円(戸建)

15000円(マンション)

18000円(戸建)

15000円(マンション)

3000円

※auとBIGLOBEは分割での割引となります。(工事費分割の場合実質0円)

※ドコモの新規工事料無料キャンペーンは2018年5月7日まで

 

フレッツ光からドコモ光、ソフトバンク光への乗り換えは工事費無料

じつはドコモ光やソフトバンク光は、NTTからネット回線を借りて提供しているのです。(光コラボレーション)

そのため、ドコモ光やフレッツ光は、フレッツ光の回線にまったく手を加えず使うことができます。

手続き方法としては、フレッツ光の転用承諾番号を取得するだけ。

ネットからも電話からも手続きできます。

ただし、KDDIから回線の提供を受けているauひかりは例外です。

 

3.キャッシュバック

最後に気にすべき点は、キャリアごとのキャッシュバック。

たとえば、各キャリアの提供するインターネットは、携帯電話とセットで契約することで、携帯料金が値引きされます。

せっかくですから、あなたが利用している携帯キャリアで回線を選んでみてはいかがでしょうか。

そのほかにも、期間限定でさまざまな割引施策が充実しています。

 

それでは、最もお得なキャリアから順に挙げていきましょう。

(1) auひかり

※auひかり公式HPより引用

 

auひかりには、スマートバリューというスマホとセットでの割り引きがあります。

プランにもよりますが、割引額は毎月1000円ほど。

マンションであれば、月々のスマホ料金にプラス2800円で、早くて安定した光回線が使えちゃうんです。

そう考えるとお得ですよね。

auピタットプラン

データ容量2GB

毎月500円引き

データ容量2~20GB 毎月1000円引き
auフラットプラン データ容量20/30GB  毎月1000円引き

※auスマートバリュー申し込みの翌月から適用

※auピタットプラン(シンプル)で、データ利用料が1GB未満の月は割引なし

 

さらに、今ならauひかりの公式webサイトから新規で申し込んだ場合、最大77200円のキャッシュバックがつきます。

かなり手厚いキャッシュバックです。

光回線を選ぶ上で、大きな決め手になりますね。

auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

(2) ソフトバンク光

※ソフトバンク光公式HPより引用

続いてソフトバンクを見てみましょう。

おうち割 光セットと言って、ソフトバンクでも携帯電話とまとめての割引きをやっています。

 

データ定額 50GB(ウルトラギガモンスター) 毎月1000円引き
データ定額20GB(ギガモンスター)/ 5GB 毎月1000円引き
データ定額ミニ 2GB/1GB 毎月500円引き
ホワイトプラン+パケット定額サービス

毎月1000円引き

その他の料金プラン+パケット定額サービス 毎月500円引き

 

プランにもよりますが、ソフトバンクでも一人につき毎月1000円の割引がずっと適用されます。

さらにソフトバンクの特徴は、電気料金もセットで割引きされること。

※ソフトバンク公式HPより引用

おうちでんきというサービスに加入すると、ネット1回線あたり100円、スマホ/タブレット一台あたり100円が割り引かれる上に、電気代が毎月1%オフになります。

※対象エリア:東北電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力

 

このように、ソフトバンクでも家計にやさしい割引プランが多数充実しているのです。

 

さらに今なら、正規代理店Webサイトから申し込むと、開通してから二ヶ月後に24000円のキャッシュバックがあります。

ソフトバンクの携帯を使っているなら、ネット回線もソフトバンク光にするのがお得ですね。

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

(3)BIGLOBE光

※ビッグローブ光公式HPより引用

BIGLOBEはもともとNTTの回線を借りてサービスを提供していましたが、2016年にKDDIの子会社となりました。

そのため、auの携帯を使っている人は、auひかりと同じように、スマートバリューが適用されて料金が安くなるのです。

そのほかBIGLOBE光×auひかりのセット割という割引もあります。

auスマートフォン auタブレット auセット割 値引き額

・カケホ(5G以上)

・スーパーカケホ(5G以上)

・LTEフラット

LTEフラット

LTEダブル定額

毎月1200円引き

・カケホ(3G以下)

・スーパーカケホ(3G以下)

・auフラットプラン20/30

・ジュニアスマートフォンプラン

・シニアプラン

  毎月500円引き

セット割を適用すると、戸建タイプなら毎月3780円、マンションタイプなら2780円でネットが使えます。

さらに今なら、新規申し込みで25000円のキャッシュバックがあり、一年間0円で無線LANルーターが借りられるんです。

もしあなたがフレッツ光で契約しており、auのスマホを利用しているなら、BIGLOBE光がダンゼンおすすめです。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

(4)ドコモ光

※ドコモ光公式HPより引用

ドコモも携帯電話とセットでの割引きを提供しています。

ドコモ光のセット割は、契約しているパケットパックのギガ数に比例しており、大容量プランを契約していれば割引額もそれだけ大きくなりますが、2ギガのデータSパックで契約している場合などは、値引き額はそれだけ少なくなり、一年間しかつきません。

シェアパックの場合

100GB 毎月3500円引き
50GB 毎月2900円引き
30GB 毎月2500円引き
15GB 毎月1800円引き
10GB 毎月1200円引き
5GB 毎月800円引き

データパックの場合

30GB 毎月1600円引き
20GB 毎月1400円引き
5GB 毎月800円引き
2GB 毎月500円引き

※データSパック(2GB)の場合、割引が適用されるのは一年間のみ

そのほか、ドコモ光でも期間限定のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。

ただし、キャッシュバックの方法は現金ではなく、dポイントというドコモのポイントで還元されます。

新規申し込みで10000pt、転用申し込みで5000ptほど。

このポイントは、毎月の携帯電話料金の支払い、端末購入代金の一部、提携している店舗での買い物等で使うことができます。

しかし、dポイントクラブの会員になって自分で手続きを行わなければならず、還元額も他キャリアと比べると見劣りしますね。

あまり値引きは期待できませんが、ドコモの携帯電話を利用中で、フレッツ光で契約している人にはいいかもしれません。

 

4.まとめ

ネット回線選びで気にすべきポイントは三つ。回線の種類と回線事業者、割引きとキャッシュバックです。

それらを考慮してネット回線を選ぶと、

1位 auひかり

2位 ソフトバンク光

3位 BIGLOBE光

4位 ドコモ光

 

となりました。

早く安定した光回線で、しかも現在利用中の携帯電話とセットで割引が適用されるキャリアを選ぶのがよいでしょう。

これから引っ越し等で光回線を新たに契約する方は多いでしょう。

あなたもぜひ、この3つのポイントを気にしながら、お得な回線を選んで下さいね。