Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/otoku-internet.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

四国のインターネット比較!おすすめの光回線8社一挙比較紹介

四国の光回線/光回線8社一挙比較!

全国的に普及した光回線にはフレッツ光という下地があります。国内でネットと言えばNTTのフレッツ光が挙げられ、光コラボの登場とともに国内の通信事業者の数も爆発的に増えました。都心部や政令指定都市のネット利用者は言うに及ばず、地方でもインターネット利用者は年々増加傾向です。

ネットは利用者だけでなく、今では光回線の種類も増えています。これまでフレッツ光・光コラボだと思っていた光回線も、実はその地域でしか使えない独自回線だった。なんてことも十分にあり得ますね。

そこで今回は四国地方のインターネットについてご紹介します。もしかしたら自分が知らなかったお得なネットが見つかるかもしれません。ぜひ、ネット選びのご参考にしてくださいね。

四国エリアのインターネット事情

四国と言えば海の幸やミカンといったイメージをもつ人も多いと思います。地域の特色が全国的にも知られている四国ですが、インターネット事情はどうでしょうか?実は四国も都心部とそん色ないほどネット利用が活発なのです。

※表は総務省四国におけるインターネットの利用状況より引用

例えばこちらの四国と全国のインターネット利用者比。全体的に全国比よりも数字は低いものの、決して利用者が少ないとは言い難い状況です。特に香川県では全国比に肉薄するくらいの利用者数の割合です。この状況を見る限り、四国はインターネット後進地域とは決して言えないでしょう。

そんな四国ではネット選びに苦心する人たちの様子が予想されます。四国エリアでは光コラボのほか、ここでしか使えないピカラ光という電力系の独自回線が提供されています。

光コラボと独自回線。四国でのインターネット選びはいずれかになることでしょう。

四国エリアのインターネットから全8社をまるっと比較!

ソフトバンク光 ビッグローブ光 ニフティ光 スマート光
ドコモ光 auひかり

ネット利用者が多い四国では光コラボ以外に「電力系光回線」「独自回線」の計3種類のネットが選べます。四国エリアで特に強い勢力なのがピカラ光

※画像は愛媛CATV公式より引用

四国にもCATVもあるのですが、そのCATVの提供する光回線サービスにピカラ光が提携しており、ほとんどのCATVのインターネットにピカラ光コースが存在します。そのため、四国エリアのCATVのシェアもピカラ光コースが占めているという状況です。

ピカラ光は四国のほぼ全域で利用され、良心的な料金設定で現地で親しまれているネットです。結論を言えば四国はピカラ光があれば十分な状況ですが、対抗する光回線も含めて比較紹介します。

インターネット回線8社の初期費用比較

回線 事務手数料 工事費用
ソフトバンク光 3,000円 24,000円 乗り換えキャッシュバック
ビッグローブ光 3,000円 戸建:30,000円
マンション:2,7000円
40ヶ月利用で実質無料
ニフティ光 2,000円 戸建:18,000円
マンション:1,5000円
特になし
@スマート光 3,000円 無料
楽天光 3,000円 戸建:18,000円
マンション:1,5000円
3年契約で無料
ドコモ光 3,000円 戸建:18,000円
マンション:1,5000円
2019年5月6日まで無料
auひかり 3,000円 戸建:37,500円
マンション:30,000円
戸建:60ヶ月利用で実質無料
マンション:24ヶ月利用で実質無料
ピカラ光 無料 無料

四国エリアの光回線は光コラボ・電力系・独自回線の3つ。それら3種類・8社のプロバイダの初期費用が上の表です。

ニフティ光以外はどのプロバイダにもなんらかの形で工事費無料が用意されています。無料の形はキャッシュバックや工事費相当の割引であてがわれており、多くは継続利用による実質無料です。

工事費が完全に無料なのは@スマート光と楽天光とドコモ光とピカラ光の4社。ドコモ光は期間限定キャンペーンのため、常時工事費無料は除いた3社になります。なかでもピカラ光は契約事務手数料を含み、初期費用が完全無料であることに注目です。

高額と言われるネットの初期費用がまったく発生しないピカラ光が、なぜ四国で特に人気があるのかの理由の一端であることが垣間見えます。

プロバイダ8社の月額費用比較

次に月額料金ですが、こちらは最初に基本料金だけで比較します。あくまで基本料金ですので、各種割引を適用した場合と実際の利用料金が大きく異なるネットもあります。

回線 月額料金
戸建 マンション 備考
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 戸建のみ光テレビと同時+5年契約で500円割引
ビッグローブ光 3年:4,980円
2年:5,180円
3年:3,980円
2年:4,080円
特になし
ニフティ光 5,200円 3,980円 初回更新時まで割引あり
@スマート光 4,300円 3,300円 特になし
楽天光 4,800円 3,800円 特になし
ドコモ光 5,200円~ 4,000円~ プロバイダタイプごとに料金が異なる
auひかり 5,100円~ 3,400円~ 戸建のみ割引適用で最大200円割引
ピカラ光 5,200円 4,000円 割引適用で最大1,000円割引

一見すると月額料金は大体どの会社も均一化されていますが、群を抜いて安いのが光コラボの@スマート光。@スマート光は光コラボ最安値という肩書があり、その名に偽りのない破格の安さが魅力です。次いで楽天光ですが、こちらは契約プランが3年と2年で選べますが、どちらの契約期間でも同じ料金で利用できます。

@スマート光と楽天光は工事費無料も常時行なっているのに加え、このように月額料金も他社より抜けた安さを見せています。大手プロバイダに比べると知名度では劣るかもしれませんが、それを上回る安さで徐々に注目されている光コラボです。

一方、初期費用では完全無料だったピカラ光。初期費用を無料にしたしわ寄せが来ているのかと思いきや、ピカラ光には長期割引とauスマートバリューを用いた2種類の割引があるため、基本料金だけでは評価できない部分があります。

こちらの月額料金に関しては後程他社と比較しながら詳しく説明します。

スマホのセット割比較

対象キャリア 対象光回線
ドコモ ドコモ光
au ニフティ光、ビッグローブ光、auひかり、ピカラ光
ソフトバンク ソフトバンク光
格安SIM ビッグローブ光、ソフトバンク光(ワイモバイル)

ネットサービスで外せないのがスマホのセット割の有無です。今や何らかの形でスマホを利用している人、国内のスマホ利用者は世界でも屈指の使用率です。そしてもうひとつ注目するべきが四国のスマホ利用者の比率

※表は総務省四国におけるインターネットの利用状況より引用

四国のインターネット利用率が増加するにつれ、携帯電話・PHS・タブレットによるネット利用者は減少傾向です。その反面、スマホ利用者は四国4県すべてで5割を超える利用者に膨れ上がってます。これを踏まえるに、いかにネット利用者が身近な通信手段で、手軽なものを選んでいるかがうかがえます。

ご存知のようにスマホは基本料・通話料以外にデータ通信量が費用として請求されます。ネットにつなぐ回数が増えれば増えるほど、データ通信量の負担も増えていきます。それを解消するのが光回線とそれに付属する無線LANを使ったWiFi通信です。

セット割名 割引額 備考
ドコモ光セット割 最大3,500円 最小割引100円
au スマートバリュー 最大1,000円割引 10回線まで割引可
au セット割 最大1,200円割引 ネット代割引対象
auスマートバリューとの併用不可
auでんきポイント 最大5%ポイント還元 auでんき必須 
おうち割光セット 最大1,000円割引 ソフトバンク10回線まで割引可
ワイモバイルも対象
おうち割でんきセット  電気代1%割引
ネットかスマホ最大100円割引
おうち割と併用可能
回線割引は3年目から50円
ワイモバイルも対象
光☆SIMセット割 最大300円割引 BIGLOBEモバイル
ドコモ回線(dタイプ)のみ対象

auスマートバリュー
※画像はau公式より引用

セット割は基本的にスマホとネットのセットですが、auひかりやソフトバンク光では電力サービスとのセット割も可能です。ニフティ光も以前は格安スマホと東京ガスのセット割がありましたが、現在は新規受付を終了してしまっているのがマイナスポイントです。その代わりにニフティ光は数少ないauセット割も選べるため、スマホとネットの好きな方の割引を選べます。

auがセット割に対応している光回線が多いなか、ドコモとソフトバンクはほぼ自社光回線しか対応するネットがありません。ケーブルプラスやケーブルラインを使用しているCATVであれば話は別ですが、今回はCATVは除外しているのでこちらはないものとして説明します。

※画像はドコモ公式より引用

ドコモ光セット割は対象となる光回線がドコモ光しか存在せず、8社のなかではほかに選択肢がないセット割です。最大割引はキャリア最大となる3,500円と高額ですが、その条件が15,000円の契約プランのみという欠点があります。また、最安値の2,900円のプランだと割引額が100円にしかならず、割引額と契約プランのコスパが悪すぎるのも難点です。

※画像はドコモ公式より引用

ドコモにはdポイントがもらえるステージ制も設けられていますが、利用年数や支払額の大きさで決定されるという最大の壁が待っています。ライトユーザーや新規にはメリットが薄く、古参やヘビーユーザー以外には使いにくいのもドコモ光セット割の特徴です。

※画像はビッグローブ公式より引用

光コラボには格安SIMのセット割を用意しているプロバイダも多く、今回のなかではビッグローブ光がその対象回線となります。格安SIMはドコモ回線を使っている会社が多く、ドコモユーザーならむしろ格安スマホに切り替えたほうが安上がりになるケースも少なくありません。セット割のない楽天光や@スマート光でも、ネット代が安いので格安SIMで結果的に通信費を節約することにもつなかります。

ソフトバンクおうち割
※画像はソフトバンク公式より引用

ワイモバイルは自社の電話回線を使った格安スマホという絶妙なポジションにあり、格安SIM並の料金でキャリア回線を使えるという強みがあります。キャリアのセット割もそのまま使えるので、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならソフトバンク光が一番手堅いネットになります。

四国エリアはピカラ光が一強!

※画像はピカラ光公式より引用

費用とセット割から四国エリアの8社のプロバイダを比較してきましたが、総合的に見てもピカラ光が頭ひとつもふたつも抜けている状況です。まず、初期費用から既に無料というアドバンテージがあり、一見高額に見える月額料金も普通に使っていればまず利用に差支えがない割引があるところがミソなのです。

ほとんどのネットには工事費無料に条件がある

ではここで改めて、8社の工事費無料の条件を見ていきましょう。

回線 工事費 工事費無料の条件
ソフトバンク光 24,000円 他社回線からの乗り換え
工事費相当キャッシュバックか割引
ビッグローブ光 戸建:30,000円
マンション:27,000円
40ヶ月間継続利用で工事費相当割引
ドコモ光 戸建:18,000円
マンション:15,000円
2019年5月6日までの期間限定
auひかり 戸建:37,500円
マンション:30,000円
ネットと光電話(月額500円)との契約
戸建なら60ヶ月(5年契約)
マンションなら24ヶ月(2年契約)

まず条件ありの4社から見てみましょう。ドコモ光を除く3社が工事費相当の割引で実質無料。つまり、工事費の実費は自己負担なのです。いくらキャッシュバックや毎月の割引で還元されると言えど、最初の費用は必ず支払わなくてはならないのです。

結局のところ、ネットの最初の一歩は自分でどうにかしなくてはならないのです。auひかりとビッグローブ光は特に工事費が高額で、初期費用の工面に苦労することが予想されます。

それではもう一方、工事費完全無料の3社を見てみましょう。

  工事費 工事費無料の条件
@スマート光 無料 特になし
楽天光 無料 3年契約
ピカラ光 無料 特になし

楽天光は3年契約という条件が付きますが特に問題はない条件です。完全無料の3社と条件付き実質(期間限定)無料では最初の負担が雲泥の差です。

初期費用負担の時点でこの3社は、間違いなく四国エリアで最もお手軽なインターネットと言っていいでしょう。ピカラ光は事務手数料も無料なのでここでもう一歩リードしています。

長期利用でさらに安くなるピカラ光

次に月額料金比較ですが、今度は割引適用時で比較します。割引がない5社を除いた3社で比較します。

インターネット 月額料金 割引適用時
ニフティ光 戸建:5,200円
マンション:3,980円
戸建:3年契約で3年間4,510円
戸建:2年契約で2年間4,500円
マンション:3年契約で3年間3,490円
マンション:2年契約で2年間3,400円
auひかり 戸建:5,200円
マンション:3,400円
ギガ得プラン(3年契約)で最大300円割引
1年目:100円割引
2年目:200円割引
3年目:300円割引

ピカラ光は少し説明が長くなるので別表に分けます。先に2社からですが、ニフティ光は初回新規特典で最初の自動更新まで割引が適用されます。割引期間は契約期間に準ずるものであるため、3年契約のほうが結果的に長くなります。

次にauひかりですが、割引はずっとギガ得プランが対象となるので事実上戸建にしか適用されません。1年ごとに100円ずつ割引が加算されていき、3年目以降はずっと300円割引で適用されます。ずっとギガ得プランには光電話との契約が必要となりますが、これはauスマートバリューの条件と重なるので、ある意味auユーザー専用の割引プランとも言えます。

インターネット 月額料金 ずっトク割ステップコース5(5年契約)
ピカラ光 戸建:5,200円
マンション:4,000円
戸建:1~2年目まで700円割引
戸建:3~5年目まで800円割引
戸建:6~8年目まで900円割引
戸建:9年目以降1,000円割引
ずっトク割ステップコース3(3年契約)
戸建:1~3年目まで600円割引
戸建:4~6年目まで700円割引
戸建:7~9年目まで800円割引
戸建:9年目以降1,000円割引
マンション:1~5年目まで600円割引
マンション:6年目以降720円割引

そしてピカラ光ですが、こちらは最大10年掛けて割引が適用されますが、1年目から700円もの大型割引となるのであまり年数は気になりません。そして9年目以降からはずっと最大割引が適用され続けるので、まさに腰を落ち着けて使うネットという印象です。

ピカラ光には3種類の割引プランがあり、戸建専用の5年契約と戸建・マンション共通の3年契約プランが基本となります。戸建タイプのずっトク割ステップコース5は5年契約でずっトク割ステップコース3と最大割引額に違いはありません。しかし、ステップコース5のほうが割引の期間が早くなり、長く使うのであればトータルでステップコース3の割引額を若干上回ります。

ずっトク割フラットコースには注意!

ずっトク割フラットコース 永年300円割引

さらにピカラ光にはauスマートバリュー適用時の割引にずっトク割フラットコースが用意されています。

ずっトク割フラットコースは3年契約ですがステップコースとの併用が不可能なうえに、auスマートバリュー適用時にはずっトク割フラットコースが優先されます。auスマートバリューの光電話は月額500円。マンションタイプなら4,000円+500円-300円で4,200円掛かる計算です。

auユーザーにとってスマホ代の割引に使えるauスマートバリューですが、ピカラ光を使う際にはステップコースが使えない制約となってしまうのです。逆に言えばauスマートバリューに加入しなくてもネット代を安くして賄うことができたり、他社キャリアの人にも制約なしで使えるネットという見方も可能です。

ピカラ光に関して言えば、”使い方次第でいくらでも利用方法が見つかるネット“という評価をするべきなのでしょう。

また、ピカラ光は光電話を同時契約で無線LANルーターが無料レンタルという特典があります。必ずしも光電話はデメリットとならないということも覚えておいてください。

解約が一番簡単なのは@スマート光

契約解除料一覧

  • ソフトバンク光 – 2年契約時9,500円
  • ビッグローブ光 – 3年契約時20,000円、2年契約時9,500円
  • ニフティ光 – 3年契約時20,000円、2年契約時9,500円
  • @スマート光 – 最低利用期間24ヶ月以内20,000円(25ヶ月目以降無料)
  • 楽天光 – 2,3年ともに9,500円
  • ドコモ光 – 戸建2年契約時13,000円、マンション2年契約時8,000円
  • auひかり – 戸建3年契約時15,000円、2年契約時9,500円、マンション2年契約時7,000円
    戸建タイプのみ撤去工事費用28,800円
  • ピカラ光 – 15ヶ月以内の解約で35,000円、以降は10,000円
    ずっトク割ステップコース5の場合は16ヶ月以上108ヶ月以内15,000円
    ずっトク割ステップコース3の場合は同上16ヶ月以上で10,000円
    ずっトク割フラットコースの場合は同上16ヶ月以上で10,000円

このように各ネットには契約解除料が設定されていますが、唯一@スマート光のみが最低利用期間だけで自動更新契約という概念がありません。いつでもお手軽にネットを始められ、2年間使えばいつでも解約できるというのも@スマート光の売りのひとつです。

3年契約のあるネットは契約解除料が高額になるケースが多々あり、ビッグローブ光とニフティ光は20,000円の違約金が請求されます。契約期間に関係なく9,500円で統一されている楽天光は珍しいケースです。

そして最も違約金が高いのは、意外にもピカラ光とauひかりの2社です。auひかりは戸建タイプの違約金が高く、解約時に必ず撤去工事費用を請求されるのも痛いところです。

最低利用期間さえ守れば問題なし

ピカラ光は基本的に最低利用期間を2年と定めているため、最低利用期間内の違約金を高額に設定されています。インターネットは通常年単位で利用するのが一般的ですので、早い期間での解約はあまり想定されていません。これは@スマート光にも言えることなので、ネットを申し込む人は最低限2年は利用することを考えておくべきでしょう。

セット割で選ばなくてもエリア内ならピカラ光でOK

初期費用・月額料金・セット割の自由度、3つを総合的に考えても四国エリアならピカラ光を選ばない理由はありません。事務手数料・工事費用無料に加え、長期利用なら月額料金も@スマート光を上回る破格な安さを誇り、セット割を考えなくても良いコスパの高さは魅力です。

四国ではピカラ光と比較する光回線を探す方が難しく、エリア内ではピカラ光一択といっても過言ではない状態です。あえてほかを選ぶとすれば、そのプロバイダにこだわりを持っているかくらいではないでしょうか?それほどピカラ光の条件が良いとしか言えません。

難点を言うとすればauスマートバリューが若干使いにくい印象ですが、それもネット代の安さを考えればあえて適用しない選択をしても良いとさえ思えます。au系列のauひかりは制約も多く、初期費用・オプション料金といった難題もあります。マンションタイプならまだしも、戸建で選ぶなら解約後のことも考えて断然ピカラ光をおすすめします。

ピカラ光への申し込みはコチラから

四国のインターネットならピカラ光

ピカラ光の提供エリア外だった場合

四国では圧倒的なピカラ光ですが、地方限定の弱みでもある提供エリアの狭さが問題視されます。もしも提供エリア外だった場合、ピカラ光以外から選ぶ必要があります。

ピカラ光を除いたおすすめインターネット

  1. @スマート光
  2. 楽天コミュニケーションズ光
  3. auひかり(マンションタイプ)

コスパの面で言えば、工事費無料の@スマート光と楽天光がピカラ光に次ぐプロバイダです。セット割がない両社ですが、ネット代の安さでスマホ代を賄うには丁度よい手ごろさが魅力です。キャリアにこだわらずに格安スマホを利用するなら、ネット代を抑えて光回線のWiFiの導入をおすすめしたいと思います。

また、ピカラ光を利用中の人がもしもエリア外に出てしまった場合。今度は違約金の問題に直面してしまうことも考えられます。そのときは、ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンで最大10万円の違約金補償を利用するのもひとつの方法です。一時的な利用にせよ、高額な違約金を支払う場合には有効な回避手段です。

キャリアのセット割にこだわる場合は今回紹介したプロバイダから探してみてはどうでしょうか?今回はピカラ光との比較でデメリットの方が強調されてしまいましたが、悪いところを見たうえで自分にとってベストのネットを探してくださいね。

光回線おすすめ申し込み窓口一覧
ソフトバンク光 ビッグローブ光 ニフティ光 @スマート光
楽天光 ドコモ光 auひかり ピカラ光