Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/otoku-internet.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ドコモ光の選べるプロバイダ比較!おすすめはGMOとその理由

ドコモ光/GMOがオススメな理由

「光コラボでプロバイダは好きな会社を選びたい!」という人には『ドコモ光』がおすすめです!ドコモ光では3つのグループに分かれたプロバイダを選ぶことができ、提供地域であればCATVも使えてしまうんです。

さらにドコモ携帯とのセット割も使えるので、ドコモユーザーは今よりお得にネットを利用できます。

プロバイダを選び放題のドコモ光のなかから特におすすめなプロバイダはどこか?その理由もあわせてご紹介します。

プロバイダが選べる光コラボ「ドコモ光」

光コラボは光回線とプロバイダが一括型となったサービスです。フレッツ光では光回線を契約すればプロバイダは自由に選べましたが、光コラボは光回線とプロバイダをまとめることでリーズナブルな料金を実現しています。そのため、光コラボに一度契約してしまうとプロバイダの変更は新規・解約扱いで初期費用が新たに必要となります。

ドコモ光はタイプA~Cでプロバイダを選べる!

光コラボはプロバイダが選べない」。まずはこれが前提なんですが、なかにはプロバイダを選択できる光コラボも少なからず存在します。そのうちのひとつが「ドコモ光」です。

ドコモ光で選べるプロバイダはタイプA~Cでグループ分けされており、選んだグループによって料金が決まっています。本来プロバイダは会社ごとに料金が決まっており、選んだ会社によっては安いところと高いところがありますよね?

ドコモ光はグループごとに料金が設定されているため、どの会社を選んでもそのグループ内はすべて同じ料金。価格で悩む必要がありません。

CATVやプロバイダ単独タイプも選べる

ドコモ光ではCATVと契約することができ、その場合はタイプCを選択することになります。タイプCはその地域で提供されているCATVのみ選ぶことができ、提供エリア外では選択することができません。

CタイプはCATVのサービスが受けられる!

※画像はTCN公式サイトから引用

タイプCのメリットは、本来光コラボでは受けられないインターネットサービスが提供されること。例えば西多摩地区で提供されているCATVのインターネット「t-net光」。こちらは2.5Gbpsの高速通信コースがあるCATVの光回線サービスです。

もしもドコモ光のタイプCからTCNを選んだ場合、光コラボで2.5Gbpsが実現できるのです。ご存知の通り、光コラボは最大通信速度1Gbps。ドコモ光ならプロバイダ次第で通信速度の最高速度も超えられてしまうのです。もちろん、提供エリアであることが前提ですので、そこだけは要注意です。

本当に選びたいプロバイダがあるなら単独タイプ!

もうひとつドコモ光には特徴があり、光回線とは別にプロバイダ単独で選べる単独タイプも用意されています。タイプA~Cに希望のプロバイダがない。マイナーだけどお気に入り。そんな場合はこちらの単独タイプにすれば、お好みのプロバイダをドコモ光で利用することも可能です。

ただし、単独タイプは光コラボの特徴である光回線とプロバイダの一本化ではなくなります。ドコモ光とは別に契約したプロバイダ料金を請求されることになるので、プロバイダの月額料金・契約期間・違約金も要管理が必要です。

ドコモ光の選べるプロバイダと料金

※画像はドコモ光公式サイトから引用

ドコモ光はフレッツ光を提供しているNTTグループの光コラボです。料金形態や提供している光回線サービスはフレッツ光を踏襲しており、転用からでも違和感なくそのままスムーズに使えるのもポイントです。

※画像はドコモ公式サイトから引用

また、ドコモのポイントプログラム「dポイント」やドコモ携帯とのセット割「ドコモ光セット割」が用意されているなど、ドコモユーザーには嬉しいサービスも使えます。

ドコモ光のプロバイダ一覧

ドコモ光の料金紹介の前にどんなプロバイダが選べるのかをご紹介します。先の項でも説明したように、プロバイダはタイプA~C、単独タイプの4グループ、プロバイダ数全41種類から選ぶことができます。ドコモ光は申し込み後、選んだプロバイダで月額料金が決まります。

タイプA:月額料金4,000円~

プロバイダ一覧 タイプA
ドコモネット ぷらら GMO ソネット DTI
ニフティ icネット タイガース ANDLINE ビッグローブ
エディオン スピーディア シナプス エキサイト hi-ho
楽天 TikiTiki ネスク 01光コアラ U-Pa!

U-Pa!の提供は2019年3月31日終了予定

タイプAでは大手プロバイダがひしめきあい、料金もドコモ光で一番安い設定となっています。ビッグローブやニフティといった人気プロバイダもあり、フレッツ光ユーザーにはおなじみの顔ぶれもちらほら見えます。

ドコモ光ではauスマートバリューは対象外!

ビッグローブとニフティは自社で光コラボを運営しており、「ビッグローブ光」や「ニフティ光」ではauスマートバリューが使えることでも知られています。しかし、ドコモ光のプロバイダとしてではauスマートバリューは使えません。

ドコモ光では自社のセット割であるドコモ光セット割があるため、auスマートバリューは対象外の他社のサービスとして扱われています。auユーザーでセット割を使う場合、ドコモ光以外のauスマートバリュー対象を選ぶことになります。

タイプB:月額料金4,200円~

プロバイダ一覧 タイプB
OCN TCOM TNC
WAKWAK アサヒネット ちゃんぷるネット

タイプAで目当てのプロバイダが見つからなかったときはコチラも確認してみましょう。

タイプAと比べると数が少なくなったタイプB。こちらでもOCNアサヒネットと言った古参プロバイダが選べます。タイプBは選べるプロバイダ数が少なく料金も200円ほど高くなっています。

タイプC:月額料金4,000円~
プロバイダ一覧 タイプC
CTY CNS KCN NCT NCV
tvk光 TCN KBN CNA ICT
JCV いみず ADS 岸和田 MITAST

各地域のCATVが選べるタイプC。料金はタイプAと同じ4,000円から利用することができ、各社のCATVサービスを利用することができます。元がCATVとはいえ、ドコモ光のサービスとなるのでドコモ光セット割ももちろん適用されます。

冒頭でもお伝えしたように、TCNでは2.5Gbpsの高速通信が使えます。利用する場合の料金はドコモ光準拠であるため、初期費用・月額料金・契約解除料もドコモ光で設定されているものが適用されます。

2.5Gbpsは戸建限定サービス

光コラボの限界を超える2.5Gbpsはとても魅力的なサービスですが、提供元がTCNであるために戸建限定のサービスということには変わりがありません。また、タイプCでのTCNはドコモ光のサービスというくくりになるため、t-net光で使えたauスマートバリューやケーブルプラスはタイプCでは利用できません。

ドコモ光・ホームタイプ料金

初期費用
事務手数料 3,000円
工事費 18,000円 2019年5月6日まで工事費無料

いよいよドコモ光本体の料金説明をします。ドコモ光はNTTのフレッツ光の上位互換として登場した光コラボです。工事費用はフレッツ光と同じく戸建タイプ18,000円で提供されています。2018年より工事費無料キャンペーンを実施しており、2019年5月6日までの期間でドコモ光を無料で始められます。

ドコモ光ではほぼ毎年工事費無料キャンペーンを行っているため、新生活に合わせたタイミングでドコモ光を始められます。

月額料金
  タイプA タイプB タイプC 単独タイプ
戸建 2年 5,200円 5,400円 5,200円 5,000円+プロバイダ料
単年 6,700円 6,900円 6,700円 6,500円+プロバイダ料

2年契約時契約解除料:9,500円

タイプごとの月額料金はコチラになります。ドコモ光は通常2年契約が基本プランですが、契約期間のない単年プランも選べます。単年プランは1,500円も値上がりするので、よほどのことがない限りはおすすめできるものではありません、

単独タイプは光回線とプロバイダの料金が別となり、ドコモ光の光回線利用料に他社のプロバイダ料を加えた金額となります。こちらも光コラボのメリットが失われてしまうので、プロバイダにこだわりがない場合は選ばないほうが無難です。

契約期間・契約解除料はドコモ光準拠

2年契約を選んだ場合の契約解除料は9,500円。これはドコモ光で設定している契約期間であるため、例えばニフティでは3年契約だったとしてもドコモ光のタイプAで契約した場合は2年契約が適用されます。もちろん契約解除料もドコモ光準拠となります。

ただし、単独型で選んだ場合はこの限りではなく、契約期間・契約解除料はドコモ光と他社プロバイダでそれぞれ設定されているものが請求されます。こういった理由から、単独タイプは負担が増える契約であることも覚えておきましょう。

ドコモ光・マンションタイプ料金

初期費用
事務手数料 3,000円
工事費 15,000円 2019年5月6日まで工事費無料

次はマンションタイプの料金です。こちらでもフレッツ光の工事費と変わらず、もちろん工事費無料キャンペーンも適用されます。

フレッツ光では建物の世帯数や利用者数など、事細かに紹介されていて複雑にも見えましたが、特殊な構造でもない限り一般的な集合住宅ではマンションタイプが適用されます。1階建てやメゾネットなどの場合は申し込み前に確認しておきましょう。

月額料金
  タイプA タイプB タイプC 単独タイプ
マンション 2年 4,000円 4,200円 4,000円 3,800円+プロバイダ料
単年 5,000円 5,200円 5,000円 4,800円+プロバイダ料

戸建タイプより1,200円安く抑えられているマンションタイプ。リーズナブルが売りで年々低価格化が進む光コラボにあって、月額4,000円はちょっとお高く見えてしまいます。

とは言え、光コラボのないプロバイダではドコモ光で光コラボとして使えるメリットがあり、一概にデメリットと言い切れるものではありません。また、お気に入りのプロバイダでドコモのセット割が使えるという観点から、ドコモユーザーには選べる利便性は貴重なものです。

ドコモ光セット割の概要

※画像はドコモ光公式サイトから引用

光コラボではおなじみのスマホとネットのセット割引「セット割」。ドコモ光は国内最大キャリアであるにもかかわらず、対象のネットがドコモ光のみと極めて限定的なセット割となります。そのため、ドコモユーザーがセット割を使うならドコモ光以外に選択がありません。

ドコモ光セット割

定額プラン 定額従量プラン

※画像はドコモ光公式サイトから引用

ドコモ光セット割は対象の料金プランによって割引額が異なります。また、半年間のドコモの支払額か利用年数でランクが決まるステージ制ずっとドコモ割プラスがあるため、長期利用者が割引されやすい料金システムです。

ずっとドコモ割プラス

※画像はドコモ光公式サイトから引用

ずっとドコモ割プラスのステージランクは5段階あり、ランクごとの割引以外にも進呈されるdポイントにも影響されます。毎月最大で1,440ポイントまで付与され、古参ドコモユーザーか支払額が多いヘビーユーザーほどドコモ光を利用するメリットが大きくなります。

おすすめはタイプAのGMOとくとくBB!

全41社から選べるドコモ光のプロバイダ。こだわりのプロバイダが特になく、この中からどれを選ぶべきか悩む人も少なくないと思われます。料金が同じならどこでもいいというのであれば、今回おすすめしたいのがタイプAのGMOとくとくBB!です。

GMOとくとくBB!ならキャッシュバックがもらえる!

※画像はGMOとくとくBB公式サイトから引用

ドコモ光タイプAのGMOとくとくBBでは2つのキャンペーンを実施中です。

  1. 最大15,000円キャッシュバック
  2. 無線ルーター無料レンタル

GMOとくとくBB!はドコモと提携しているプロバイダ。そのため、ドコモ光からの申し込みでも新規入会キャンペーンの適用が実現されています。キャッシュバック無線LANルーター無料レンタルの豪華特典だけでなく、ドコモ光の工事費無料やdポイント進呈の公式特典も適用されます。

GMOとくとくBB!の適用条件には一点注意があり、GMOのHPから申し込みが必要なため、指定の窓口以外からの申し込みは適用対象外となります。

GMOとくとくBB!特典適用条件

最大15,000円キャッシュバック
最大15,000円キャッシュバック GMOとくとくBB!HPからの申し込み
・2年契約+ドコモ光電話バリュー
・2019年4月30日までに開通
5,500円キャッシュバック GMOとくとくBB!HPからの転用申し込み
・2年契約+ドコモ光電話バリュー
ひかり電話エース利用中ではない場合
・2019年4月30日までに開通
5,000円キャッシュバック GMOとくとくBB!HPからの申し込み
・2年契約
・2019年4月30日までに開通

キャッシュバックは3種類あり、最大15,000円を手に入れるにはタイプAの2年契約とドコモ光電話バリューの契約が必要です。ドコモ光電話バリューは月額1,500円のオプション。費用は掛かってしまいますが、キャッシュバック適用条件を満たしたあとならペナルティはないので、不要ならあとで解除しても問題ありません。

フレッツ光でひかり電話エースを利用していた場合、転用でも最大15,000円がもらえますが、利用中ではない場合は転用後にドコモ光電話バリューに申し込んでも5,500円に減額されます。

無線ルーター無料レンタル

タイプAを申し込んだ人すべてにBUFFALO製の無線ルーターが無料レンタルされます。ドコモ光のタイプAが条件のため、GMOとくとくBB!に申し込めば無条件で追加される特典です。

IPv6にも対応しており、GMOとくとくBB!はIPv6プラスが使えるプロバイダ。申し込めばすぐに高速通信が利用できる嬉しい特典です。

GMOとくとくBB!の特典であるため、解約した場合は当たり前ながら返却が必要になります。

GMO以外のプロバイダはイマイチ?

ドコモ光は選べるプロバイダが多いとは言っても、現状選ぶことでメリットがあるプロバイダはそう多くはありません。今回ピックアップした特典や通信速度のメリットがあるGMOとくとくBB!やTCN以外に、他社プロバイダへの変更を考えるほど大きな特徴がありません。

ドコモ以外のセット割が使えるならビッグローブやニフティも選択肢に入りますが、ドコモ光からではドコモ光セット割のみが対象です。ソフトバンク(Yahoo!BB)に至っては単独タイプで他社としてしか選ぶことができず、おうち割すら使えないという状況です。

セット割目的なら他社の光コラボがおすすめ!

auスマートバリュー ・ニフティ光
・ビッグローブ光
・ソネット光
auセット割 ・ビッグローブ光
・DTI光
・TCOM光
おうち割 ・ソフトバンク光

ドコモ光で選べるプロバイダには光コラボ参入企業も多く、自社運営のネットでは上記のキャリア別でセット割が利用できます。セット割目的でネットを選ぶなら、わざわざ他社キャリアのセット割であるドコモ光を選ぶメリットは薄く、ドコモ光より月額料金が安い会社もあります。

格安スマホならセット割のあるネットか格安光コラボを選ぼう

スマホのセット割はなにもキャリアだけに適用されるものとは限りません。光コラボのなかには格安SIMのセット割が導入されているネットも少なからず存在しています。

OCN光 OCN ONE モバイル 最大200円割引
ソフトバンク光 ワイモバイル 最大1,000円割引
ニフティ光 NifMo 最大550円割引
ビッグローブ光 ビッグローブモバイル 最大300円割引
DTI光 DTI SIM 最大150円割引

自社運営の光コラボをもつドコモ光のプロバイダのなかでも、これだけの格安SIMを運営している会社があります。それぞれ自社の光コラボとのセット割が導入されており、新規申し込みでキャッシュバック特典を用意している会社もあります。

ワイモバイル以外はドコモ回線を使っているため、スマホ代を抑えたいというドコモユーザーの選択肢としてもおすすめです。ドコモ光で格安スマホを利用している人は、これらの格安SIMも視野に入れてセット割のあるネットへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

光回線申し込み窓口
ソフトバンク光
ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

OCN光
OCN光への申し込みはコチラから

オプション不要でキャッシュバック!OCN光<

ビッグローブ光
ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

ニフティ光
ニフティ光への申し込みはコチラから

auスマホとセットでお得!

セット割にこだわらないなら最安値のスマート光もおすすめ!

スマホは使わない、またはセット割はべつにどうでもいい。とにかくネット代を安くしたい!という人には「業界最安値」の@スマート光もおすすめです。

@スマート光

@スマート光は工事費無料を期間終了未定で実施しており、月額料金も業界最安値の光コラボです。IPv6対応でお手軽に高速通信を楽しめます。セット割がなくても十分すぎるくらい安いネットなので、キャリアでも格安スマホでも、そのまま使い続けてもネット代が負担にならないのが魅力です。

初期費用
  事務手数料 工事費
ホーム 3,000円 18,000円 → 無料
マンション   15,000円 → 無料
  月額料金
ホーム 4,300円
マンション 3,300円

最低利用期間24ヶ月 – 契約解除料20,000円

見るからに他社と比べてわかる安さ!契約期間も最低利用期間24ヶ月を過ぎれば、いつでも契約解除料なしで解約できるのもポイントです。期間中の契約解除料が高額なことだけは唯一の注意点として覚えておいてくださいね。

オプション
  月額料金
無線LANルーターレンタル ひかり電話あり:300円
ひかり電話なし:500円
V6プラス 300円
@スマート・ひかり電話 500円~

オプションは数が少ないながらもスタンダードなサービスを揃え、必要最低限のネット環境を整えるのにも十分な内容です。無線LANルーターだけは光電話の有無で費用が変わるので、ここは利用環境を考えてひかり電話の導入を検討してください。

@スマート光への申し込みはコチラから

ドコモ光のオプションサービス

ここまで一通りドコモ光のメリット・プロバイダについてご紹介してきたので、ドコモ光に興味を持たれた人も多いかと思われます。

追加で基本的な光回線サービスの光電話・光テレビをはじめ、ドコモ光で用意されているオプションサービスをご紹介します。任意の有料サービスなので必要ない人には無関係ですが、あると便利なツールとして活用してみてください。

ドコモ光電話

通話料金 国内 8円/3分
国外
一部例外あり
9円/1分
携帯電話 ドコモ 16円/1分
au 東日本:17.5円/1分
西日本:18円/1分
SB 東日本:17.5円/1分
西日本:18円/1分
ワイモバイルへは西日本16円/1分

NTTの電話回線をフレッツ光に変え、通話料を全国で統一したお得な光電話サービスです。一般加入電話よりも格段に使いやすく、距離や時間帯を気にせず使いやすくなりました。

確かにお得感のある電話サービスですが、ドコモはキャリアのもつ電話サービスで唯一無料通話がないキャリアです。そのため、ドコモ同士の通話でも必ず通話料が発生し、電話を使う場合には費用が必要になることだけは忘れないようにしましょう。

  月額料金
基本料金 500円
ドコモ光電話バリュー 1,500円

月額料金は基本料金の500円から利用でき、着信拒否などの電話オプションも追加が可能。6つセットとなったドコモ光電話バリューはそれぞれ単独で契約するよりもお得なセット料金で提供されます。

ドコモ光電話バリューは前述のGMOとくとくBB!特典での適用条件になります。

ドコモ光テレビ

※画像はドコモ光公式サイトから引用

初期費用 1台 12,300円
2~4台 25,600円
スカパー!との同時申し込み 実質無料
月額料金 750円

光テレビはアンテナ不要で光回線を通じてテレビ番組を見られる映像配信サービスです。

天候を気にせずクリアな映像が見られるメリットがありますが、申し込みにはネットとは別に工事費用が請求されます。新規申し込み時、追加工事によって費用が異なり、2~4台目までの追加工事に最も費用が掛かります。また、光テレビを見るためにはテレビ1台ごとに工事が必要となります。

新規申し込み時にスカパー!との同時契約なら光テレビは3台目まで工事費、スカパー!登録料が無料となるため、光テレビを長期利用するなら初回の同時契約がおすすめです。

ひかりTV for docomo

※画像はドコモ公式サイトから引用

月額料金 2,500円

NTTの動画配信サービス「ひかりTV」もドコモ光で利用が可能です。スマホやタブレットなどのモバイル端末からでも利用することができ、dアカウントと光回線があればテレビがなくてもいつでも見られます。

4K対応dテレビを含む79の専門チャンネルと13万本のVOD。地デジBS対応なので、手軽にテレビ番組を見たい人はコチラのサービスがおすすめです。

ドコモ光ならプロバイダはGMO、それ以外なら他社のネットを!

ドコモ光は唯一ドコモキャリアのセット割が使えるネットにして、多彩なプロバイダが選べる光コラボです。古参ドコモユーザーなら割引を活かせて快適に使えるネットですが、新規やライト層には少々厳しいセット割条件なのが難点です。

これからドコモのネットとスマホを始める人は、まずはGMOとくとくBB!で軍資金を貯め、最初の第一歩を使いやすいものにしましょう。

別のスマホを使う場合やセット割に捉われないという人は、キャリア対象の他社のネットや格安ネットの@スマート光のサービスも要チェックです!

ドコモ光への申し込みはコチラから

@スマート光への申し込みはコチラから