Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/otoku-internet.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ドコモ光とニフティ光をガチで比較をしてみましょう!

ガチ比較/ドコモ光 vs ニフティ光

 今回はドコモ光とニフティ光の比較をしていきたいと思います。ニフティと聞くとピンと来ないかもしれませんが、@niftyと聞くと想像がつくかもしれません。ニフティ光はドコモ光同様、フレッツ光の光コラボレーション事業者です。それではどう違うのでしょうか?検証をしてみましょう。

 ドコモ光とニフティ光を比較してみましょう

 それでは改めましてドコモ光とニフティ光を比較してみましょう。冒頭でもお届けしました通り、ドコモ光、ニフティ光は共にNTTが所有するフレッツ光の光コラボレーション事業者です。これを踏まえたうえで話を進めてみましょう。

 どちらもフレッツ光ですから・・・

 ドコモ光・ニフティ光共に、フレッツ光の光コラボレーション事業者ですから、光回線はフレッツ光です。ですから、フレッツ光品質そのものがそれぞれの母体となりますので、品質はどちらを選んでも同じになります。フレッツ光の品質は、最大1Gbps(1,000Mbps)でサービス提供をしています。ただ常時1Gbpsでありません。インターネットの速度はベストエフォードなので、ずっと最大ではないという事も共通事項になります。

 料金プランは?

 ドコモ光とニフティ光の月額使用料金を比較すると以下のようになります。今回は同じ条件としたいので、ドコモ光のプロバイダは@niftyで設定します。したがってタイプAとなります。

回線名 マンションタイプ 戸建てタイプ
ドコモ光(タイプA) 4,000円 5,200円
ニフティ光 3,980円 5,200円

 ニフティ光は2018年4月以降の金額で表示しています。マンションタイプで20円差がある程度で、ドコモ光、ニフティ光ほぼ同等と見てよいでしょう。

 初期費用

回線名  (事務手数料) 工事費
ドコモ光 新規 3,000円 15,000円~18,000円
転用 3,000円 無料
ニフティ光  新規 3,000円 17,000円~20,000円
転用 3,000円 無料

 他社からの転用については、フレッツ光の光回線を使用しますので、無料となります。新規に関しては若干ニフティ光が高いですね。

 割引プラン

 今度は割引プランから考えてみましょう。ドコモ光はドコモ、ニフティ光はauが対象になります。設定条件は、家族構成が父・母・長男で、ドコモに関してはセット割、ニフティ光に関してはauセット割を使用した上での比較とします。家族全員が15GBのプランを利用した場合を考えます。

 

auセット割 (割引額)

ドコモ セット割 (割引額)

お父さん

1200円×24か月=28,800円

 1800円×24か月=43,200円

お母さん

0円

 0円

息子さん

0円

 0円

合計

28,800円

43,200円

 このように、ともに1契約に対して申請できる回線は1回線のみとなります。さらに割引額もドコモ光の方がよいので、これだけを考えるとドコモ光の方が良いという結果になります。

 他にも、@nifty格安SIMとのセット割「まるっと割」もあります。でんきも含めて3つをセットにした割引を受けることもできます。

ニフティ光への申し込みはコチラから

 ドコモ光に無くてニフティ光にあるもの

 少し視点を変えてみましょう。ニフティ光は他の光コラボレーション事業者には無いサービスがあります。一つずつご紹介しましょう。

 @niftyメール

 最近はGmailをはじめとして、フリーメールを所有する人が増えましたが、インターネットが普及し始めた2000年代からネットを活用されている人にとって、なじみがあるのが@niftyメールです。所有する@niftyメールのアドレスを生かしたいという人にはお勧めです。メールアドレスの容量も5GBまで所有でき、携帯電話やスマートフォンでもメールチェックができます。もちろん迷惑メール対策も万全です。

 ココログ

 いわゆるブログです。2GBまでは無料で使用することができます。デザインも300種類以上、絵文字も250種類、ブログパーツも充実しています。他のブログからの引っ越しやバックアップも簡単にできます。

 会員様向け優待サービス

 ニフティ光に加入すると、@nifty 優待サービスを受けることができます。宿泊やグルメ、スポーツやエンタメなどのサービスを会員価格で楽しむことができます。月額料金は最初に2か月は無料、それ以降は500円必要ですが、@nifty光と併用すると、200円割引が適用されます。

ニフティ光への申し込みはコチラから

 ドコモ光とニフティ光のサービスの差をどこで感じることができる?

 今度はサービス面で比較をしていましょう。光回線は様々なところで購入が可能ですが、今回は比較的お得に購入できる両事業者の光回線公式サイトを中心に考えてみましょう。

 公式サイトから購入することで起こるサービスの差

 それでは、公式サイトで申し込んだ場合の比較を致します。下に表としてまとめてみました。

ドコモ光

ニフティ光

・dポイント進呈
20000pt(新規)
10000pt(他社転用)

特になし

 

 ドコモ光において公式サイトで申し込んだ場合、dポイントの進呈(新規20000pt、他社転用10000pt)となります。1ポイント=1円還元ですが、現金ではなくdポイントになります。dポイントを使用できる店舗も限られています。

 一方、ニフティ光は公式サイトを見ても、特に目立ったキャンペーンは行われていません。

 

 公式サイト以外から購入することで起こるサービスの差

 ここまではそれぞれの公式サイトからの申し込みにおいて比較をしました。しかし、公式サイト以外からの申し込み方法もあります。検証をしてみましょう。

ドコモ光(GMOとくとくBB)

ニフティ光(正規代理店サイト)

・キャッシュバック
新規 5,500円
転用 10,500円

・ドコモ公式サイト申し込み特典
(dポイント進呈)
20000pt(新規)
10000pt(他社転用)
・Wi-Fiルーターレンタル無料

・キャッシュバック
新規 20,000円 転用 5,000円

 ドコモ光については、プロバイダをGMOとくとくBBであればお得になります。GMOとくとくBBのホームページから「ドコモ光(2年定期契約プラン(タイプA))」と「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」を申し込みをすると、新規であれば5500円、転用であれば10500円のキャッシュバックを受けられるからです。無線WiFIルーターレンタルなど他のサービスも含めると、新規契約では35700円相当のサービスを受けることができます。

 一方ニフティ光については、正規代理店サイトから申し込むとお得になります。新規契約であれば20,000円、他社からの転用であれば10,000円のキャッシュバックを受けることができます。キャッシュバックだけ考えても、ドコモ光よりも多いです。Wi-Fiルーターについては新規では必要になることも考えられますが、他社からの転用であればフレッツ光からになりますので、特に影響はないものと思われます。

ニフティ光への申し込みはコチラから

 まとめ

 いかがでしたでしょうか?今回はドコモ光とニフティ光を比較してみました。先程から触れている通り、ドコモ光もニフティ光もフレッツ光の光コラボレーション事業者です。事業者が違うだけで、中身はほとんど同じではないかと考えがちですが、こうして振り返ってみると、ドコモ光の方に限界値が見えてきます。

 ニフティ光の大きな特徴として、キャッシュバックの選択ができるところです。現金はもちろんですが、パソコン、タブレットなど日ごろビジネスやプライベートでは必需品となったものが割引で手にすることができます。そして歴史もありますので、@niftyメールを使用されていた方については、そのまま使用可能になります。

 快適なネットライフを過ごすうえで、少しでもお得な光回線を購入したいというのは誰でも思う事です。キャッシュバックを選択できることはユーザーにとっても大きなメリットですね。さらに、懸念事項になっていた家電製品が、光回線を新規契約又は他社からの転用によって解決できるのであれば、この波に乗る以外に手はないでしょう。

 光コラボレーション事業者は、品質もほとんど変わりません。あとはご自身が現在何を求めているか。それによって光回線の選択も変わってくるでしょう。携帯電話・スマートフォンでなく、パソコンやタブレット、液晶テレビで困っているという事であれば、迷うことなくニフティ光と契約されることをお勧めします。申し込みも公式サイト、正規代理店サイトそれぞれあります。あなた自身のニーズにマッチしたところで契約をされてみてはいかがでしょうか?

ニフティ光への申し込みはコチラから