Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/otoku-internet.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ドコモ光でIPv6を使用しても他社と通信速度は変わらない

 今回はドコモ光でも通信速度についてお届けします。普段使っている通信回線の速度を気にすることはありますか?インターネットが世に出始めたころ、通信方法はダイヤルアップ方式でした。プロバイダが管理している電話番号にアクセスをし、繋がり次第ネットライフを楽しむことができました。しかし、これも昔の話です。現代は、光回線が主流になり速度も格段と速くなりました。では、どれくらいの通信速度なのか。それは速いのか?遅いのか?検証してみましょう。

 ドコモ光の通信速度

 ドコモ光の通信速度の最大は、1Gbpsです。では、1Gbpsとはどれくらいの速度なのか想像できますでしょうか?Gbpsとは、データ伝送速度の単位の1つで、1秒間に何十億万ビット(何ギガビット)のデータを送信できるかを表した単位です。ビットは、情報量の単位です。1ビットは、確率の等しい二つの事象の一方が実行に移った時の情報量です。

 1Gbpsは、毎秒10億ビットのデータを伝送することができます。毎秒10億ビットのデータを送信できると考えた場合、大量のデータ送信が可能だということです。しかし、インターネットの速度はベストエフォードなので、最大の速度1Gbpsで常にネットライフを楽しめるということではないのです。しかし、かつてのダイヤルアップ方式に比べるとはるかに快適であることは実感できることでしょう。

 ドコモ光は速度が遅い

 光回線に変更した瞬間、だれもが通信速度が速くなることを期待するでしょう。1Gbpsと言っても、様々な弊害が発生し、遅く感じることもあるようです。どんな時に遅く感じるのでしょうか?

 ルーターの性能

 自宅のネット環境において、無線LANルーターは必須アイテムになっています。しかし、ドコモ光をはじめとする光通信と相性が悪かった場合や、性能そのものが劣っている場合は遅くなることも考えられます。

 マンションは多くの家庭が住んでいるので混線する?

 住宅の環境によっても変わってくることがあります。戸建て住宅だと、家の前の電柱から直接引き込んでしまえば、それはその家庭が独占しているようなものなので、通信速度が速くなりますが、マンションだと多くの家庭が住んでいて、1つの回線を複数の家庭で使用することも考えられます。

 プロバイダにもよる?

 遅くなる原因の一番の理由は、プロバイダによるところもあります。そのプロバイダが接続している形式がとても重要になります。これまでの接続方法であれば、NTTの電話ラインの近いところにアクセスポイントがありましたが、V6プラスという接続方法を使うと、混雑ポイントを通らないのでアクセスが集中しようが影響を受けることがありません。

 では、このV6プラスで接続できるプロバイダはどれなのかということになります。それは「GMOとくとくBB」です。

 特典としては、V6プラスを無料で対応していること、高速無料ルーターが無料で得られる、そして速度保証をしていることがあげられます。

 ドコモ光はフレッツ光と品質が同じ?

 それでは改めまして、ドコモ光はどのような回線で構成されているのでしょうか?実は、NTTが回線として所有するフレッツ光の回線を請け負う形で提供されています。つまり、ドコモ光とフレッツ光は同じ回線を使用していることになります。回線の品質は同じで、所有する事業者が違うだけなのです。そして、フレッツ光の回線を請け負う形式で運営する事業者(これを光コラボレーション事業者と呼ぶ)は他にもあります。

 ドコモ光と同じ光コラボレーション事業者は?

 それでは、ドコモ光と同じくNTTのフレッツ光の回線を請け負う光コラボレーション事業者をご紹介しましょう。

 まずは、ソフトバンクです。「ソフトバンク光」という名前で運営しています。ソフトバンクはドコモ光を運営するNTTドコモと同じく携帯電話のキャリアでもあります。携帯電話とタイアップした割引制度も充実しています。

 続いて、BIGLOBEです。こちらは「ビッグローブ光」として運営しています。BIGLOBEと言えば、インターネットのプロバイダとしてという印象の方が強いかもしれません。プロバイダ事業の強みを生かしつつも、光コラボレーション事業も展開しています。

 最後は@niftyです。こちらは「@nifty光」として運営しています。BIGLOBEと同じくプロバイダのイメージが強いですね。

 今あげました3事業者はいずれも、NTTのフレッツ光の光コラボレーション事業者ですから、品質はドコモ光、フレッツ光と全く同じになります。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

 同じであれば他の事業者が気になる

 では、金額を比較してみましょう。今回はマンションタイプで、フレッツ光から転用を想定に考えてみましょう。表にまとめてみました。フレッツ光の品質は変更なしを前提とします。

 まずは、月額基本使用料初期費用の比較です。(マンションタイプ)

  ドコモ光(タイプB:2年契約) ソフトバンク光(2年契約) ビッグローブ光(2年間) @nifty光(2年間)
月額基本使用料 4,000円 3,800円 3,580円 3,980円
初期費用 3,000円(申込手数料) 3,000円(申込手数料) 3,000円(申込手数料) 0円(キャンペーン中)

 この項目だけを確認すると、月額基本使用料はドコモ光が一番高く、初期費用はキャンペーン中の@nifty光を除き、3,000円の申込手数料が発生します。

 次は、公式サイトで申し込んだ場合の特典の比較をしてみましょう。

■新規申込■

ドコモ光(タイプB:2年契約) ソフトバンク光(2年契約) ビッグローブ光(3年契約) @nifty光
・dポイント 20,000ptプレゼント ・最大35,000円キャッシュバック
・他社解約金全額
キャッシュバック最大10万円
・26,000円キャッシュバック
・電話付で+3,000円
・月額料金400円×24か月割引
20,000円キャッシュバック

 

最後に公式サイト以外の特典をまとめてみました。転用申込の場合とします。

■転用申込■

ドコモ光 ソフトバンク光 ビッグローブ光 @nifty光
10,500円キャッシュバック
(GMOとくとくBB限定)
15,000円キャッシュバック
(代理店サイトからの申し込み)
現金10,000円キャッシュバック
(代理店サイトからの申し込み)
現金5,000円キャッシュバック
(代理店サイトからの申し込み)

 肝心の品質面の比較をしましょう

 では品質面はいかがでしょうか?ソフトバンク光は、オプションサービスとして、光BBユニットを提供しています。有線で接続する場合は、IPv6の機能を使うことで速度の速い通信が実現できます。しかし、無線Wi-Fiで接続した場合、速度が遅くなるといわれています、理由は、古い規格のものを搭載しているためです。しかし、無線ルーターを準備することでそれらは解消されます。ソフトバンク光の正規代理店サイトから新規で契約する際に、キャッシュバックと一緒に無線ルーターを契約特典として受けることができます。

 続いて、ビッグローブ光です。こちらは「IPv6プラス」プランに無料で入ることができます。さらに、長年フレッツ光+プロバイダとしてのBIGLOBEとの王道の組み合わせになりますので、たとえビッグローブ光となっても、光回線はフレッツ光と同等なので、これまで通りに使用できる人も違和感なく触れると思います。多くの方に、無料オプションだと思われていない、知らない可能性がありますので、この際にしっかり覚えておきましょう。

 最後は@nifty光です。こちらもソフトバンク光、ビッグローブ光、ドコモ光と同じく、フレッツ光の光コラボレーション事業です。そして、速度の事も気になりますが、ソフトバンク光、ビッグローブ光、ドコモ光と同じくフレッツ光の回線を使用するので、性能は気にすることはありません。こちらも、「v6プラス」プランに無料で申し込むことができます

まとめ

 今回は通信速度についてお届けしました。光回線と言いながら、私たちは他の商品でイメージをしてしまいがちです。携帯電話でいえば普及が拡大するころ、ドコモは自前のアンテナで品質をよくしていたのと対照的に、ソフトバンクをはじめとする他の事業者はアンテナ配置などで後れをとっていましたが、今では、どこの事業者でも品質面は差がありません

 同じことが光回線でも言えます。ドコモを中心としたNTTグループは携帯電話をはじめとする電話事業においては、絶大なる信頼があり、ドコモという名前を見ると、安心する方もいらっしゃるでしょう。ただ、ここまでお届けした通り、光回線の通信速度は、光コラボレーション事業の関連もあり、どの事業者も品質面では差がなく、むしろ特典でドコモ光を上回る事業者もありますので、光回線の新規・転用をお考えの方は、しっかり調査の上で契約をされることをお勧めします。

SoftBank光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光への申し込みはコチラから
ニフティ光への申し込みはコチラから