Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/otoku-internet.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

光回線使うならどこ?auひかりの魅力をまとめてみた

桃太郎、浦島太郎、金太郎や、かぐや姫、乙姫、鬼ちゃん、

織姫が繰り広げる「au三太郎」のCMはご存知ですか?

女優の有村佳純さんや俳優の桐谷健太さんが出演している
あのインパクト溢れるCMです。

このCMは好感度ランキングでも上位にランクインを続けています。
そのおかげもあって今auひかりはフレッツひかりと並ぶ程の人気と知名度を
誇っています。

でも実際にインターネット回線を選択する時に「知っているから」という理由だけで
決められないですよね?
「料金は実際にどうなのか?」とか
「キャンペーンの内容はどうなのか?」
「サポートはしっかりしているのか?」
など色々確認しなければならない事が多いですよね。

という事で実際auひかりってどんな特徴があるの?という事をまとめてみました。

① auひかりの特徴は何なの?
② auひかりとフレッツ光の違いは?
 auひかりの評判は?
 auひかりの一番お得な申込方法は何?

では一つ一つ見ていきましょう。

auひかりの特徴は何なの?

auひかりは個人的にも利用しますが周りの友人なんかに聞いても
本当に利用している人が多いですね。

その理由をまとめます。

 ① 月々の料金が安い
   やっぱり月々の料金は誰でも少しでも抑えたいものです。
   これが一番でしょう。

 ②速度が安定していて速い
   パケ詰まりがなく24時間快適に利用できるのでストレスなく
   インターネットが利用できます。

 ③キャッシュバックが断トツに高い
   これはあくまで他社光回線と比較してという事ですが、
   圧倒的にキャッシュバックが高額です!
             つまりお得です。

よく比較対象とされるフレッツひかりと比較してみても
単純に「安くて速くて安定している」のはauひかりなんです。

インターネットの固定回線を引くならauひかりが一番快適で、料金的にもお得です!

auひかりとフレッツ光の違いは?

分かりやすくフレッツ光と比較してみました。
いかがでしょうか?そのお得具合が分かるかと思います。

  フレッツ光 auひかり
月額料金 6,100円 5,100円
速度 1G 1G
ISP 数10社 7社
初期費用 18,800円~ 3,000円~
契約期間 2年 3年
スマホ割 なし auセット割
キャッシュバック 5,000円 41,000円

 

実際auひかりの評判はどうなんでしょう?

NTTのフレッツ光を抑えてauひかりはお客様満足度NO.1になっています。
確かに悪い評判は少なく、全体的に満足している意見が多く存在します。

その中でも高評価だったのは、他社から光回線を乗り換えた人からの評判です。
他社よりもとにかく「安く・速い」という事が証明されているんdねす。

もし乗り換えを検討している方は、
auひかりは安心して乗り換えることが出来るんです。

 

どこで申し込めば良いの?

今回のメインはこの話になります。
auひかりに申し込むならどこから申し込むのが良いのでしょうか?

①KDDIに電話して申し込む

一つ目はKDDIへ直接電話して申し込む方法です。
しかしこれといったキャンペーンもなく、
もちろんキャッシュバックもないのでお薦めしません。

②auショップで申し込む

もちろんauショップでも申し込みが可能です。
しかし、auショップではキャンペーンも少なく、
キャッシュバックも少額です。はっきり言って損ですね。

③家電量販店で申し込む

ケーズ電気やヤマダ電機やビックカメラ、
ヨドバシカメラで申し込む方法です。

家電割引やパソコン・ゲーム機プレゼントなどもありますが、
原価が安いものばかりです。
しかも、必要もないオプションをたくさん付けられてしまいますので、
あまりおススメできません。
良くあるのが月額課金のアプリに申込みをさせられたりします。
解約しないまま忘れてしまうと毎月課金されてしまいます。

④代理店サイトで申し込む

新規申込も乗り換えも、ネットから申し込むのが一番ラクです。
ただラクなだけではありません。全てにおいてお得なんです。
以下のような素晴らしいメリットがあります。

    ・45,000円の高額キャッシュバック!
    ・割引ではなく現金振込がされるので使い道自由!
    ・自宅で5分もあれば申し込める!

どうせauひかりに申し込むなら色々な面でお得に利用したいですよね。
徹底的に調べた結果一番お得にauひかりを申し込むには、
一番お得な代理店サイトを見つけることが最大のポイントです。

デミリットはあるの?

さてこんなに魅力的なauひかりですがデミリットはあるのでしょうか?
もちろん必ずしも良い面ばかりではないのでそのあたりも調べてみました。
理解すると人によってはデメリットをデメリットと
感じないほどのことだったりもします。
ただ拘りの強い人にとってはいくら安くても譲れないポイントがあるかもしれません。

1,IPアドレスが固定

auひかりは「固定ipアドレス」になっています。
ipアドレスとは何でしょうか?
簡単に言うとインターネットの住所のようなものです。
ipアドレスが固定されることで住所が特定されやすくなるという説があります。
それが本当ならデメリットかもしれません。
でも私個人としてはあまりデミリットとは考えていません。

例えば固定ipアドレスでないと使えないサービスもたくさんあります。
そのため逆に固定でないことの方がデミリットが多いと思います。

仮に、もしフレッツ光で固定ipにするには追加料金がかかるほどです。

固定でないフレッツ光は住所不特定だから安心かというとそんなことはないです。
ネット犯罪者がいる限りリスクがないとは言えないでしょう。

2,ひかり電話は2番号まで?

これはどうしようもないのですが、
auひかりでは固定電話を引けるのは2番号までとなってしまいます。
家で個人用と仕事用で複数固定電話が必要な人にとってはデミリットになりますね。
ただこういったケースはおそらく稀だと思います。

3、対応プロバイダーが7社のみ

NTTでは好きなプロバイダーを選べます。しかしauひかりでは、
特定の7社のプロバイダーの中からしか選べません。

au one net・So-net・BIGLOBE・@nifty・@TCOM・ASAHINET・DTI

OCNやYahoo!BBなどメジャーなプロバイダーは入っていない事、
そしてもし現在この7社以外のプロバイダーを使っている場合は
残念ながら変更になってしまいます。

とはいえ、プロバイダーを7社からしか選べない事のメリットも
しっかり存在します。
それは、プロバイダー料金が込み料金だという事です。
これはフレッツ光と比較すると一目瞭然です。

  • フレッツ光はプロバイダーを選べるが別料金がかかってしまう。
  • auひかりはプロバイダーが限られているが別料金はなし。

どうしても入りたいプロバイダーがある場合はデメリットになります。
特にこだわりがない場合は料金も安くなります。
こういった意味でもauひかりがオススメ出来そうです。

4,3年間の自動更新がある

ケータイ電話を含めた通信関係にはどれにもつきものですが、
auひかりにも年契約というものが存在します。

戸建ての場合は3年間の契約となり、
更新月以外に解約すると15,000円の解約金が発生してしまいます。
(正しマンションタイプはなし)

しかしその分毎月の料金は比べてもかなり格安です。
長く使う人にとってはデミリットよりもメリットの方が大きくなっています。

5,申し込みから工事まで1ヶ月前後!

フレッツ光を申し込むと約2週間後には工事が入ります。
auひかりは申し込んでから約1ヶ月ほどの期間がかかってしまいます。

ネットが使いたいのに使えない状態が長く続く可能性があります。
込み具合によりますが早めに申込みをする事をお薦めします。

 

6,エリア外が多いので入りたくても入れない人もいる?

実はauひかりの申し込みが可能なエリアは全国で7割ほどと言われています。
(フレッツ光は90%以上)

首都圏はほぼエリアになります。
もちろん地方にもどんどんエリアを広げてはいますが、
まだ場所によっては入れないエリアが存在します。
お住まいのエリアが対象かどうかは十分に調べる事が重要です。

 

まとめ

それではauひかりのメリット・デミリットを以下にまとめます。

■メリット■

・月々の料金が安い
・速度が安定していて速い
・キャッシュバックが断トツ

■デメリット■

・IPアドレスが固定
・2番号までしか使えない
・対応プロバイダーが7社のみ
・3年間の自動更新
・申込みから工事まで1ヶ月かかる
・エリア外の人も多い

いかがでしょうか?デミリットの中には見方によっては
メリットになりえるものも多くあります。
ご自身のエリアが対象かどうかはきちんと確認する必要がありますが、
料金、回線、キャッシュバックなどのメリットを踏まえるとauひかりが
本当にお薦めです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

auひかりへの申し込みはコチラから