JCOMとauひかりを比較!乗り換え時の注意点も解説します!

今回はインターネット回線の比較記事です!

比較するのはJCOMとauひかり、どちらも人気のあるインターネット回線サービスですね。

しかし、タイトルを見てもわかる通り今回は比較といってもJCOMからauひかりに乗り換えるべきポイントをお話するような内容となっています。

私自身もそうですが、マンションの場合auひかりの提供エリアが狭いこともありJCOMを契約している方は多いです

ということで、JCOMからauひかりに乗り換える際の注意点もお話していければと思いますので、乗り換えを検討している方やどちらを申し込もうか考えている方は最後までお付き合いください。

 

JCOMとauひかり

※JCOM公式サイトより引用

では、まず各々の概要を見ていきましょう。

実はJCOMは光回線ではありません。

知っている方は多いと思いますが、JCOMは「ケーブルテレビ」の事業者ですよね。

そのためケーブルテレビ回線を利用しているので、KDDI独自の光回線を有しているauひかりとは根本的にサービス内容は異なる、ということを覚えておいてください。

ではこれら二つのインターネット接続サービスを比較していきましょう!

比較項目としては「料金」「速度」「サービス内容」というインターネット接続サービスにおいて重要な3点で比較します。

 

JCOMとauひかりの料金は?

一番気になるのは、月額料金ですよね。

JCOMとauひかりではどちらもホームタイプ(戸建て)、マンションタイプ(集合住宅)の二つがあります。

ではホームタイプとマンションタイプの比較をしてみましょう!

ホームタイプ

プラン auひかり JCOM
ネットのみ 5,100円 320M:5,200円
1G:5,700円
ネット+電話 5,600円 320M:5,695円
1G:6,195円
ネット+電話+テレビ 8,080円 320M:8,096円
1G:8,596円

 

マンションタイプ

プラン auひかり JCOM
ネットのみ 3,800円 120M:3,548円
320M:4,248円
ネット+電話 4,300円 120M:3,548円
320M:4,248円
ネット+電話+TV 6,780円 120M:10,390円
320M:8,096円

 

ホームタイプとマンションタイプでは料金はもちろん異なりますが、各タイプの二社の料金を比較してもかなり違いがありますよね?

ネットだけで比較をすると、

auひかりホーム:5100円

auひかりマンション:3800円

JCOMホーム:5200円

JCOMマンション:3548円

とJCOMの方が少し優勢のように見えます。

しかし、テレビが入るとJCOMの方がかなり金額は高くなってしまいますね。

これはJCOMのテレビサービスの料金が高額なためです。

320MのJCOMの料金では「スマートお得プラン320 メガパックコース」というコースを参考にしていますが、視聴できるチャンネル数は80チャンネルです。

対してauひかりテレビで視聴できるチャンネル数は43チャンネル。

チャンネル数は約半分ほど落ちてしまいますが、料金は1980円とauひかりの方がかなり安いです。

 

インターネットの速度はどう違う?

料金の次に気になるのはインターネットの速度ですよね?

JCOMとauひかりで料金はもちろん変わりますが、一番違うのはこの「速度」でしょう。

というのもここでようやく光回線とケーブルテレビ回線の違いが出てきます。

光回線の最大速度は、上下最大1Gbpsという速度です。

しかし、ケーブルテレビ回線の速度は先ほどの料金をみてもわかるように最大速度は320Mbpsなんです。

分かりやすくMbpsに直すと、auひかりは1000MbpsでJCOMは320Mbpsといった感じですね。

およそ3倍ほど変わるので、快適さはauひかりの方があるでしょう。

「でも320Mbpsで通信できれば十分じゃない?」と、インターネットに詳しい方なら思うかもしれません。

しかし、全員が全員320Mbpsで通信ができるわけではありません。

これは光回線でもケーブルテレビ回線でも同じです。

というのもインターネット回線は共有されるものです。

光回線の場合は最大32人で共有されますが、ケーブルテレビでは数百世帯で共有されるようです。

そのため32人マックスで共有したとしても光回線で約「300Mbps」、ケーブルテレビで約「10Mbps」となってしまいます。

ケーブルテレビでは32人よりも多い人数で共有される場合がありますので、さらに通信速度は落ちてしまう可能性がありますね…

ということで、環境によって違いはあるかもしれませんが通信速度は光回線であるauひかりの方が速いかと思います。

 

それぞれのサービス内容

JCOMを利用している方の中には「テレビサービス」を求めて申し込んだ方が多いのではないでしょうか?

先ほど言ったように上記の表のJCOMのプランでは80チャンネル、そして値段は変わりますが最大で90チャンネルを視聴することができます。

対してauひかりは43チャンネルと、チャンネル数はかなり違いますね。

しかし、JCOMを契約している方の中で80チャンネルをすべて視聴している方はどれほどいるでしょうか?

かく言う私もJCOMを利用したことがありますが、正直よく見るチャンネルは「アニメ・音楽・スポーツ」の計10チャンネルほどでした。

auひかりテレビでも私が視聴していたチャンネルは視聴でき、個人的な感想としては視聴できるチャンネルがまとまっていたように感じます。

もちろん80チャンネルすべてを見たい!という方は無理におすすめしませんが、現在テレビサービスはかなり成長しており、NetflixやHuluなどでも視聴することができます。

なので、テレビにこだわらなくてもいいのでは?と思いますね。

 

JCOMからauひかりに切り替える際に気を付けること

JCOMからauひかりに切り替えよう!と思った方に気を付けていただきたいことを紹介していきます!

もしソフトバンク光からauひかりに切り替える場合には、キャンペーンなどを適用して違約金などは負担してくれるのですが、JCOMからauひかりに切り替える場合は適用されないキャンペーンがあるんです。

それが乗り換えキャンペーンである「auひかりスタートサポート」です。

このauひかりスタートサポートは他社で発生した違約金を「30000円」まで負担してくれるキャンペーンとなっていて、乗り換えの際には必ず適用したいキャンペーンです。

しかし、注意事項を見てみると…

「注1)auスマートバリュー対象の他社FTTHサービス、KDDIが指定するケーブルテレビ事業者提供サービス等は対象外です。(auひかり公式HPより引用)」

とありますね。

実はJCOMはこの対象であり、auスタートサポートが適用できないサービスなんです。

なので、乗り換えの際には違約金のかからない契約更新月での解約をおすすめします。

契約内容などはJCOMのHPからログインして確認することができますので、そちらで確認してみてください。

また、電話での問い合わせの場合契約者本人に一回代わらないと確認はできませんので必ず契約者本人がいる際に問い合わせをするようにしたほうがいいと思います。

 

乗り換えキャンペーンがなくてもキャッシュバックでお得に!

さて、JCOMからauひかりにする際には乗り換えキャンペーンが適用できません。

しかし、auひかりに申し込む際にある方法で申し込むことによってキャッシュバックを受け取ることができるんです…!

その方法が「代理店申し込み」です。

代理店といえば家電量販店やauショップなども代理店ですが、ここでの代理店は「代理店サイト」を指します。

その代理店サイトを運営する中でも特におすすめのサイトをご紹介しましょう!

株式会社NEXT

おすすめの代理店は株式会社NEXT。

この代理店ではauひかりのみの申し込みで45,000円、auひかり+光電話で52,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

また、高速無線ルーター+キャッシュバックのキャンペーンとも選ぶことができますので状況に合わせてキャンペーンを選ぶことができるんです。

また、KDDIから表彰を受けたり楽天リサーチのauひかり申し込みサイト部門で顧客満足度No.1を獲得するなど信頼できる代理店でもあるので、興味のある方は一度ご覧になってみてください^^

auひかりへの申し込みはコチラから

 

さいごに

こんかいはauひかりとJCOMの比較、そして乗り換え時の注意点についてお話しました。

やはり一番違うのは通信速度ですね。

ネットを利用する上で一番重要なのは通信速度です。

さらに利用料金もauひかりの方が安いので、auひかりにしたほうがいいのではないか?と思います。

気を付けていただきたいのは乗り換えキャンペーンですが、これは代理店申し込みのキャッシュバックキャンペーンで帳消し、逆にプラスになると思いますので安心してください!

?auひかりは速い★IPv6対応・何がどう凄いのか、徹底検証