auひかりはIPv6に対応可能?!何がどれだけすごいのか!

auひかり/IPv6はどれだけ速い?

auひかりではIPv6に対応してインターネットが利用できるということはご存知でしょうか?

 

しかし、そもそもこのIPv6というワードは日常的に使用する言葉ではありませんよね。

ということで、今回はこのIPv6の正体を解き明かしつつauひかりでどのように影響しているのかどんなメリットがあるのか、説明していきたいと思います^^

IPv6ってなに?

※au公式サイトより引用

おそらく知っている方の方が少ないのではないでしょうか?

このIPv6というのは略称で、正式名称は「Internet Protocol version6」です。

カタカナに直すと、「インターネットプロトコルver.6」という感じでしょうか。

つまりIPというものの第6弾というのがIPv6の正体です。

といってもインターネットプロトコルとはなんのことなのでしょう。

簡単に言ってしまうと、「インターネット上の決まり事」のようなものです。(protocolという単語の意味が「約束、決まり事」という意味です、安直ですね(笑))

でも実際、本当にこの通りでインターネットは約束事で動作しているんです。

TCP/IPプロトコル群 抜粋

プロトコル名 内容
HTTP HP閲覧、パソコンとWebサーバーのデータやり取り
SSL 暗号化通信するためのプロトコル
POP3 メールソフトで受信するためのもの
SMTP メールソフトで送信するためのもの
FTP パソコンからサーバーへファイルを転送
TCP 信頼性を重視したデータの送受信をするためのもの。POP3などと組み合わせで使用。
IP(特に重要!) データなどを指定されたところまで届けるためのもの

上の表はデータ通信に関わるプロトコルの、TCP/IPプロトコルの中から主要なものを抜粋した表です。

内容の通りの動作をインターネット上で行うにはこのようなプロトコルを使用しなければいけません。

というのも、いま私がこの記事を書いているのはWindowsのパソコンです、ご覧になっている方の中にはMacだったり、はたまたスマホのAndroid、iOSといったところから閲覧している方もいるでしょう。

しかし、仕組みや機器が違うのにどうして同じようにこのページを見ることができるのでしょうか?

それを可能にしているのがこのプロトコルで、各機器が共通してこれを使用することによってどの機器でも同じようにページの閲覧ができるようになるのです。

 

普通のIPのバージョンは?

IPv6の前のバージョンは IPv4 と呼ばれるものです。

現在は多くのサービスでIPv6が導入されるようになりましたが、いまでも一つ前のバージョンでしかやり取りできないサービスは多いです。

(補足:5はどこに行ったかというと、「ST-II」という名称のプロトコルとして存在していたようですがこれは一般的な用途で使用するものではなかったようで、一般的な用途である6が登場したわけです。)

 

IPv6はなぜできた?

これは上でお話したIPv4が関わってきます。

実は、近年世界では「IPアドレスの枯渇」というおんが懸念されていました。

このIPアドレスというのは簡単にいうと「住所のようなもの」です。

というのも、インターネットなどのIPネットワークに接続されたパソコンなどに割り振られるアドレスがIPアドレスなのです。

なので、詳しくいえば「IPネットワーク上に存在するパソコンの住所」といったところですね。

そして、基本的にはこのIPアドレスはプロバイダと契約した時点で割り振られます。

 

で、話を戻しますがIPv4のままだとこのIPアドレスは約43億個しか利用できないのです。

この数は決して少ない数ではありませんが、現在スマホって一人一台持つような時代ですよね?

現在の世界人口は約70億人なので、世界の7割ほどの人がそれぞれスマホを持つことによって簡単にこの数を超えてしまうんです。

そしてこのIPアドレスが枯渇することによって、「IPアドレスを新規に割り当てることができなくなる」ということが一番大きな影響でしょう。

もちろん割り当てられている機器は問題なく利用できますが、新しくIPアドレスが取得できないとページの閲覧ができなくなったりします。

また一番困るのはウェブページを公開しようとする人間でサーバーに置くウェブページのIPアドレスを乗せることができないので公開ができなくなってしまうんです。

こうした影響が出る前に登場したのがIPv6という新しいバージョンでIPv6では約340澗ものIPアドレスを扱うことができるんです。

日常生活ではまず見ない値ですよね(笑)

この膨大な数は世界人口の全員が10台ずつスマホを持ったとしても全然余裕な数字です。

なので、このIPv6の登場は先ほど挙げたような問題を引き起こさないためのものなのです。

ではこのIPv6にすることでメリットはどのようなものが生まれるのでしょうか?

 

IPv6にすることでのメリット

SSLが標準装備となる

SSLというのは、先ほどご紹介したプロトコルの中でもセキュリティー通信を司るプロトコルです。

皆さんがご覧あになるWebページでもアドレスを見ると「https」というようにsが最後につくようなページがあることはありますよね。

実は、このsこそSSLのsなのです。

IPv4ではこのSSLのセキュリティー通信はオプションサービスでしたが、IPv6では標準装備となっているので別途に申し込む必要がありません。

 

通信速度が速くなる?

こちらはより実践あい的な内容となっています。

実は現在提供されている光回線の中で、接続方式は大きく分けて3つあります。

それが

  • IPv4 PPPoE
  • IPv6    PPPoE
  • IPv6 IPoE

こちらの3つです。

IPv4は前述のように、一個前のサービスなのでおいておきます。

しかし、PPPoEとIPoEのちがいってなんなのでしょう?

PPPoE:プロバイダと端末の間に速度制限のついたトンネルを作る

IPoE:光回線の上限速度まで制限がない

このような違いがあるようです。

PPPoEはIPv4でも提供されているように、速度の制限があるサービスです。

たとえるとするなら、高速道路でいきなり60km制限の道路が現れたようなものです。

しかし、IPoEはずっと高速道路のようなものなので、制限がなく快適に利用することができます。

ということで現在提供さにている光回線の中ならIPoEをできれば選びたいとところではありますね。

 

auひかりでこのIPv6はどんな料金?

他社光回線ではこのIPv6のサービスを利用するにあたり、利用料を取ることもあります。

しかし、今回ご紹介するauひかりでは利用料もなく、月額料金もなく利用することができます。

というのも、このIPv6のサービスはいきなりすべてのサービスで移行できるものではないんです。

先ほども触れたようにIPv4のサービスだけ、というところもあるので完全にIPv6がの浸透するまでは以前の段階であるIPv4を利用しなくてはなりません。

なので、auひかりではIPv4とIPv6を利用できるデュアル体制を敷いているのです。

これによってサービスの目的によりどちらかを切り替えることができるためと、とても便利な内容となっています。

IPv6対応でauひかりの速さはお墨付き

※au公式サイトより引用

Netflix実測速度調査第一位を獲得
RBB SPEED AWARD固定回線の部最優秀獲得

IPv6対応インターネット回線は沢山ありますが、その中でも優秀な成績を収めているauひかり。

速さを求めるなら、携帯電話のキャリアがauでなくても選択肢に入れておくべき回線です。

auひかりを申し込むにはどこがお得?

auひかりを申し込むにあたって、公式から申し込むという人方は損をしています…

というのもauの公式ではキャンペーンが少なすぎるからです!

もちろん公式のキャンペーンである初期費用相当額割引やauスマートバリューの適用はありますが、こちらの割引はその申し込み方法でも適用できます。

そのうえで、皆さんにお教えしたいのが正規代理店での申し込みです。

こちらは公式の申し込みではありませんが、公式であるKDDIから許可をもらって代理店を営んでいるので安心感もあります。

auひかり代理店比較2018総まとめ。2019年はココで申し込め

そして、そんな公式代理店のキャンペーンが45,000円のキャッシュバックです!しかも、ひかり電話も追加申込をすると更にキャッシュバックが上乗せされて52,000円に増額されます。

この金額はほかの光回線の代理店でもなかなか出せないくらい高額なキャッシュバック金額となっています。

また、そのほかにもお得な情報がたくさんだ掲載されているので、興味のある方はぜひともごらんください。

auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

auひかりで、最近大変興味深いニュースが発表されました・・・!

おまけ

なんと、auひかりで世界最速インターネット回線が2018年3月1日より受付開始しました。

現在、So-netが提供しているNURO光が世界最速回線として2Gbpsの速度を実現しています。(一部10Gbpsもあり)

それを上回る5Gbps・10Gbpsのインターネット回線が2018年3月1日から受付開始。
しかも、5Gbpsに関しては現状提供されているauひかりホームの1Gbpsとお値段の違いはあまりみられず安い✨

これは、auひかりはますます進化していきそうな予感ですね!
続報が発表されるのが楽しみですね。

当初の発表ではプロバイダau one netのみでしたが、So-net・BIGLOBEでも受付可能となり、代理店申し込みのメリットが最大限発揮されることになります✨

さいごに

今回はauひかりのサービスについてお話をしていきました。

このページでまずIPの意味を分かっていただけたら嬉しいです^^

今回はそれだけでなくIPアドレスが枯渇したらどうなるか、前のバージョンではどのようなことが問題になるのか、ということもお話したつもりですのでどうかご参考にしてください。

お得な申し込み方法についてもいまならこのキャンペーンを行っている、という程度のご紹介ですので申し込みを検討している方はぜひともお早めにお申し込みください!

auひかりへの申し込みはコチラから