Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/netkuchikomi/otoku-internet.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

auひかりの光電話ってどんなサービス?結構いいんじゃない?

auひかりはKDDIが提供する光回線サービスです。

そして今回は、auひかりの契約のあらゆる場面で出てくる光電話に焦点を当ててお話をしていきたいと思います!

固定電話って引きたくないなあ、という方でも少しは参考になるかと思いますので、最後までお付き合いください^^

 

光電話

光電話と言えば、現在多くの光回線で提供されているサービスです。

そもそも光電話っていままでの電話と何が違うのでしょうか?

光電話とは、従来の銅線でできたケーブル、いわゆるメタルケーブルとは異なり、光ファイバーケーブルと呼ばれるガラス繊維でできた回線を利用した電話サービスです。

少し、光電話の基礎知識として利点と欠点を抑えておきましょう。

光電話のメリット

①価格が安い

光電話の価格は基本的にどこの光回線でも500円/月というのが相場です。

対して、従来のメタルケーブルを使用したアナログ回線の料金は1600円/月

およそ3分の1の料金、これはかなり安いです。

肝心の通話料も3分8円~とアナログ回線が1分で20円~なので、比較するとかなり安いことが分かりますね。

このように、光電話では月額料金も通話料も従来の電話サービスよりもはるかに安いんです。

 

②通信も安定している

価格が安いだけでなく、光電話では通信も安定しています。

というのも光回線で比較してもそうですが、光回線を利用した光ファイバー方式とADSLという従来の固定回線を利用した方式では光ファイバーの方が安定した通信ができます。

というのも、光ファイバーは電波の障害や距離による干渉を受けないのです。

なので、安定した通信が可能なのです。

光電話もこの光ファイバーを利用しているため、従来の固定回線よりも安定した通信ができるのは納得ですね。

光電話のデメリット

光電話にも欠点もありますのでそこも解説していきます!

①特殊番号につながらない?

時報や天気予報などのNTTの電話サービスなどは光電話に変えることで利用できなくなることがあるようです。

しかし、110や119などの緊急時に利用する電話番号は利用できるためそこまで心配しなくてもいいかなと思います。

②停電時に使えない?

アナログ電話の場合、停電が起こってもNTTの基地局が生きていれば電話自体は利用できます。

しかし、光回線の場合は光回線から光電話を利用するために機器自体に電源が必要となるため、停電が起こってしまうと利用することはできません。

しかしモバイルバッテリーも販売されていたりするのでこれもそこまで心配することではありません。

 

メリット、デメリットを挙げましたがデメリットを考えても、メリットの方が大きいように感じます。

さて、では本題であるauひかりの光電話について見ていきましょう。

 

auひかり 光電話の基本情報

ここではauの光電話について基本的な情報を見ていきたいと思います。

 

auひかり 光電話の料金

auひかり電話の料金は500円/月です。

通話料は県内、県外どこにかけても一律で8円/3分。

通話料の一覧

種別 ダイヤル 通話料
国内加入電話向け通話 相手先加入電話番号 8円/3分
IP電話向け通話 (注1) 050- 8円/3分
特別番号への通話 緊急通報 警察 110 無料
消防 119 無料
海上保安本部 118 無料
時報 117 8円/3分
天気予報 177 8円/3分
番号案内 104 無料(別途、番号案内料200円/1案内)
電報 115 無料(電報料は別料金・KDDI請求)
災害用伝言ダイヤル 171 8円/1分
020番号向け通話 (注2) 020 10円/40秒
(別途40円/1通話)

 

auひかり 光電話オプションパック

auひかりの光電話にはオプションパックというものがあります。

電話オプションパックとは詳しく説明すると、「有料の電話オプションを二つ以上まとめたパック」となっています。

有料オプション 金額
発信番号表示 400円
割り込み通話 300円
番号通知リクエスト 200円
着信転送 500円
割り込み番号表示 100円
迷惑電話撃退 700円

有料オプションは上記の通りで全6種類あります。

こちらのオプションパックのおすすめポイントとしては、二つで500円以上を超す料金になる際は自動的に500円/月になるということです。

例を出すと、発信番号表示 400円 +割り込み通話 300円 +番号通知リクエスト 200円だと、料金は900円です。

しかし500円を超えているため月々の支払いは500円/月でよいのです。

極端にいうとすべてのオプションをつけても500円/月でよいということですね。

個人的には迷惑電話撃退のオプションとかすごいありがたい…(笑)

もちろん、無料のオプションも充実しています。

無料オプション 金額
KDDI電話 auで着信確認 0円
移転番号アナウンス 0円
国際不取り扱い 0円
番号通知設定 0円

こちらだけでも十分だとは思うので、有料オプションを付けたくない方はそのままにしておきましょう…

と、言いたいところなのですが、この電話オプションパックをつけると割引が適用されたりするので、個人的には「番号通知リクエスト+割り込み番号表示」のオプションだけでも300円/月なので加入しておいて損はないかな~とか思ったりします。

詳しくは後で説明しますね^^

 

050電話サービス

auひかりの光電話を利用すると、新たに「050」から始まる番号を利用することができます。

※公式サイトより引用

お得なところとしては、この「050」という番号同士の通話料が無料となります。

こちらの月額利用料は150円/月なので、加入しているお友達や知り合いが多い方は申し込んでおいて損はないかと思います。

 

auひかり 光電話サービスを利用すると何が得?

そうですよね、結局のところ何が得かというところですよね。

もちろんアナログ回線よりも料金も安く、通信も安定しているというところも得なポイントではありますが、実はもっとお得な情報があります。

それが、「割引」です。

というのも、auひかりで行っている割引やキャンペーンは必須加入オプションとして、光電話を指定しているものが非常に多いです。

逆に光電話に加入してしまえばほとんどの条件はクリアできるんじゃないかな?とも思うくらいです(笑)

ということで、光電話を加入必須としているオプションを見ていきましょう!

※割引の横に書いてあるのは条件です※

auスマートバリュー:光電話への加入+スマホ指定プラン

はい、auで最も有名な割引と言っても過言ではないのがこのauスマートバリューですよね。

こちらはauユーザーなら、しかも家族ならさらにお得な割引となっていますのでご覧ください。

LTEフラット・データ定額プラン

2年間

3年目~

データ定額10・13G

2,000円

934円

データ定額5・8・LTEフラット/U18データ定額20

1,410円

934円

データ定額2・3G

934円

934円

データ定額1G

934円

500円

auピタットプラン※スーパーカケホ

永年

~1・2G

500円

~3・5G、5~20G

1000円

auスマートバリューの適用は一回線ごとに上記のプランに応じた割引がなされます。

なので、4人家族で全員LTEフラットだった場合は4×1410円で5640円も月々お得になるんです!

条件である指定プランとは、表に書いてあるプランのことですので、ご確認ください^^

 

auひかりスタートサポート:auひかり ホーム ずっとギガ得プランのネット+電話+電話オプションパック

こちらは、auひかりに乗り換える際に発生した他社の違約金を最大30000円まで負担してくれる大変ありがたいキャンペーンです。

こちらの適用条件は光電話への加入だけでなく、先ほどご紹介した電話オプションパックへの加入も必須となっています。

詳しい情報を見たい方はこちらへどうぞ。

 

初期費用相当額割引:auひかりでネットの申し込み+光電話への加入

こちらは、初期費用相当額といういわゆる工事費を無料にしてくれるキャンペーンです。

通常ホームタイプで37500円も工事費がかかってしまいますが、この割引を適用させると実質無料にすることができるのです。

その際に条件となるのがauスマートバリューと同じ条件である光電話への加入です。

この割引も詳しいことはこちらをご覧ください!

auひかりへの申し込みはコチラから

 

さいごに

auひかりの光電話だけでなく、現在は多くの光回線で光電話が導入されているので光電話自体の優劣はつけられないでしょう…

しかし、auひかりの光電話はご紹介したように非常に多くのキャンペーンや割引の必須条件となっています。

また、これだけ多くのキャンペーンを行っている光回線はなかなかないと思います。

auひかり・光電話を利用するにはこれらの割引をフル活用しないと非常にもったいないので利用状況に合わせて是非とも光電話を視野に入れつつ割引を利用してお得に申し込んでください^^

auひかりへの申し込みはコチラから